フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 癒されビデオ | トップページ | 映画はお好きですか? »

2007年5月25日 (金)

セスの本 (読み始め)

みなさまこんばんは~~

読み終えてから書こうと思っていたのですが、時間がかかりそうなので、進行形で書くことにします。

ほぼ2ヶ月前にアメリカのアマゾン(www.amazon.com) から取り寄せたのが、

Mike Dooleyの「Infinite Possibility」(CDセット)と、「Seth Speaks 」(セス スピークス:邦題「セスは語る」)、そしてA Seth Book 「Nature Of Personal Reality」(ネイチャー・オブ・パーソナル・リアリティ」:意味は「個人的現実の本質」・・・日本語未翻訳)です。

興味を持ったきっかけは、まずマイク・ドゥーリィ氏のサイトで紹介されていた、マイク・ドゥーリィ氏の考えに大きな影響を与えた本たちの中に、これが紹介されていたこと。

そしてそのあとで、エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス両夫妻のサイト(www.abraham-hicks.com) にあったオーディオファイル(無料)を聞いていたら、やはり大きな影響を与えた本として 、このセスの本が話題にのぼっていました。

それで、いったいこのセスというのは何者だろうとおもって、ネットで検索してみたら、(インターネットって本当に便利!)ありました、セスのサイトが、しかも日本語で!

(文末にリンクがあります)

セスとは、「数え切れないほどの転生を繰り返し、もう実体をもつことに興味のない『存在』」を指します。アメリカの作家であり、詩人であった故ジェーン・ロバーツ氏が詩を書いている最中にトランス状態になり、自動筆記したのをきっかけに、夫ロバート・バッツ氏と実験をしていくうちに、セスとつながり、やがてセスはジェーンの身体を借りて口述しはじめました。いわゆるチャネリングですね。

ロバート・バッツ氏が名前を聞いたとき、「名前は重要ではない」というようなことを言ったそうですが、「でも我々があなたを呼ぶときに名前がないと・・・」というと、「セス」という名前を教えてくれたのだそうです。聖書関連にでてくるセスとは違う存在だそうです。

(エイブラハムも聖書にでてくるのとはべつだそうですね)

そしてそれを夫のロバートが速記で書きとめていったのだそうです。

膨大な資料をまとめたのがセス・マテリアル(Seth Material)(日本語未翻訳)

そのあとに出版された本は、セスが「本としてそのまま出版できる」状態、つまり速記されたものがそのままほとんど手を加えずに本になっているのだそうです。

このあとでジェーンは言っています。「私も本を書く身だからこそその大変さがわかる。だからセスが本を出すと言ったとき、正直いったいその方法をセスはどれくらい心得ているんだろうと思った。本の構成、展開、どれをとっても、大変な労力を要するのに」と。

ところがセスはこのジェーンの疑問を一蹴してしまいます。トランス状態のジェーンの声を通してセスが話し、ロバートが書きとめたものは、構成、展開、編集すべてが完了した状態のものだったのです。

セスって何者?と思いますよね

30年以上前にチャネリングで本を書くなんて、よほど勇気のいることだったんじゃないかなと思いますが、それが出版されると、その本は大きな反響を呼びます。

そのときから「You Create Your Own Reality」(あなたの現実はあなた自身が創っている)といい、そんな調子で死後の世界、天災、人災について、時間と空間の概念について、などなど、あらゆる観点に光を当てています。

エイブラハムの本やCDもエネルギーを感じますが、このセスの本もすごくパワーを感じます。セスの声(正確にはトランス状態でセスが話している、ジェーンの声)も

とても力強くて、計り知れないほど大きな存在を感じます。

その割には、CDに収められてるものは周りを笑わせたりしていて、ユーモラスな部分も見受けられますが・・・

とまあ、すごく興味があるのですが、

ものすごく難しい・・・

単語単語はそれほど難しくないはずなのに、とても読みづらい・・・

1ページ進んでは、気が付くと文章を理解せずに「読んだ気」になってるという状態になるんです。

「あれ、あたし、理解してない」って。

そんな感じで、遅々として進んでいませんが、すこしずつで私にとってはちょうどいいのかな、と思ってます。

ああ、日本語で読みたい・・・(←怠けグセ?)

なんて書いている途中で、日本のアマゾンのレビューを見てみたら、「この本は巨大なケーキです。一度にたくさん食べると気持ち悪くなります」とありました。

なんだ、私だけじゃなかった!ほっ!

そんなわけで、また思い出した頃にセスの本について書いてみたいと思います。

↓↓↓興味のある方はこちらへどうぞ↓↓↓

セス ラーニングセンターのサイト(日本語)

« 癒されビデオ | トップページ | 映画はお好きですか? »

コメント

セスさんのこと初めて知りました!
なんだか凄く興味ありで、Amazonで注文しました~♪分厚そうですね~

面白そうな本を紹介して下さり、ありがとうございます!
Sachiさんの貴重な情報にいつも感謝ですm(__)mありがとう!


ゆうきさん こんにちは

また読まれたら感想など教えてくださいね!
私も読みすすめてまたこの本をテーマになにか書きたいと思います

セスは語る セッション533まで読みました。

整合点に鮮烈さを帯びた感情的思考が接触すると、物質的具現化が増幅するお話、おおいに頷いてしまいました。整合点は、日本でいうなら神社とか、でしょうか?
また、睡眠時間とその取り方は、最近の私の睡眠そのもので、特に、寝てほぼ4時間程で目を覚ましてしまうことや、日中車内でうたた寝した後、つい何かを食べてしまう癖とか、夜8時過ぎの犬の散歩の習慣なんか、その効用について読んだとき、そうだったのかと、手を叩いてしまうほどでした。
睡眠薬に頼る不眠症患者の顛末なども目にしているので、説得力ありました。

セスを読むと突然睡魔に襲われることもしばしばですが、これは意識的自己が理解できるよう、多様な領域のレベルに頻繁に接触しているのだとすれば、納得納得です。

とにかく、この本、いいです。

BREAK FREEさん

感想ありがとうございます。興味津々で、早く読みたいです。(いま他の本を読んでいるので)

>セスを読むと突然睡魔に襲われる

私も何度となく眠気に負けてしまいました。なるほど、そういうことなんですね。
すごい本なんですね。読んで理解するのがすごく楽しみです(^^)

こんにちは、Sachiさん。
ブログいつも拝見させていただいていますが、
ずいぶんご無沙汰してしまっています(コメントを)。
(^ ^;)

今日はMike Dooley氏の「Infinite Possibility(CD)」を検索していたら、
こちらに辿り着いてしまいました(^ ^;)。

このエントリーも確かに以前読ませていただいていたのですが、
わたし自身まだ知らないことも多かったので、
どうも何度でも戻って来るみたいですね。

とても不思議な気持ちです。
Sachiさんの3年以上も前のところに、
今自分がいるような気がします。
特に変わったことではないかもしれないけれど、
何だか時間や空間を移動してしまったような気分です。

またこれからもこちらのブログに辿り着いてしまうことがあるんだろうなあ・・・(^^)

::miuさん

こんにちは~(^^)

コメントありがとうございます!

そうですか、このページに・・・
不思議ですね~~!でも嬉しいシンクロでした(^^)

私もいまセスに戻ってきているところなので、私にとってもシンクロでした。
背中を押されました。
ありがとうございます(^^)

Infinite Possibility購入されるんでしょうか?
私も持っていますよ~~!happy01
ちなみに、一番好きなのは、CDバージョンの「Notes from the Universe」なんですけどねcoldsweats01

こんばんは~☆Sachiさん♪
お返事いただけて嬉しいです☆
ありがとうございます!

ところでSachiさんも今Seth中なんですね^^
ホントにホントにシンクロですね。

Sachiさんのブログを読んだあととてもSethが気になりました。
それで実はこちらにコメントしたあとのことなんですが、
たまたま流れていたスターチャンネルが、
大昔劇場で観た映画「シティ・オブ・エンジェル」だったんですが、
(大昔のわたしの判断ではこの映画はかなりう~んな印象で、
普通ならすぐチャンネルを変えるところなんですが・・・)
たまたま10分ほどそのまま観ていたんです。
そしたらなんと・・・、
主役のニコラスケイジが「Seth」っていう名前でした・・・。
これはもう偶然ではあり得ない・・・という感じでした。

その後色々調べて、
今日の時点で、
「Infinite Possibility」(CDセット)、
「Seth Speaks」、
「Nature Of Personal Reality」
を今後購入しよう・・・と考えていたのですが、
二日後の今日戻ってきてみると、
これもまったくSachiさんの上に上げられているものと同一でした(^ ^;)。
Sethなら自然このふたつになるのかも分からないですが、
ホントに3年前のSachiさんそのものですね(^ ^;)

ところでCDバージョンの「Notes from the Universe」は、
どんな感じで録音されているでしょうか?
わたしは書籍版では読んでいますが、
(ちなみに日本語版と洋書でも持っています(^ ^;))
CDもよさそうですね^^
是非また教えてください♪

いつもありがとうございます☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5194/6547768

この記事へのトラックバック一覧です: セスの本 (読み始め):

« 癒されビデオ | トップページ | 映画はお好きですか? »