フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

友人の引き寄せ報告

先日友人からとても嬉しい近況報告がありました。ここでお話してもいいかな?という私のお願いを快諾してくれたので、早速お話しすることにします。

6年前に仕事を通して仲良くなった友人がいます。気風のいいしっかり者の彼女はニュージーランド出身で、クルーズ船で働いて世界中を廻ったことがあります。
彼女の夢は、常夏のビーチに大好きな彼と結婚して暮らすこと。(二人は2年前に結婚しました)

数年前、常夏のビーチに暮らすというその夢が叶いそうになったことがあります。

でも政府からビザが承認されずに、その夢はあきらめてしまいました。
Eメールでそのその落胆ぶりが痛いほど伝わってきました。

人の心はおもしろいもので、うまく行っているときは良い事ばかり見えて、うまく行かないときは嫌なことばかり見えてくるもので、私も気をつけないとと思うのですが、彼女のメールも表現が厭世的で、自分達の不運を嘆く様子が見て取れました。

私が書いた返事は「『生きていくのは大変』という意識でいると、人の脳はその証拠をどんどん見つけようとするよ。現に、あなたはいま、自分達ばかりに不運 がやってくると、良い事なんて全然ないと言っているけど、1年前にあなたは結婚もして幸せ一杯だったよね?その事は忘れていたでしょう?」といった 内容でした。

それが去年のことです。

3日前、数ヶ月ぶりの彼女からEメールが届きました。

「Sachiが言ってたビジュアライゼーションとやらをやってみていたの。あまりネガティブなことばかり書くのはやめようと思って、いいことがあるまで待っていたの。そしたら、いいことがあったわ!また常夏の島で暮らせたらと思って、コスタリカに住んでいる自分達の様子を思い浮かべていたの。そしたら、アドベンチャービジネスを買う話がまとまって、早ければ10月にはコスタリカに引越しなの!」

この知らせには本当に驚きました。というのも、私が引き寄せの法則や潜在意識の話をしても、彼女はあまり興味を示さなかったからです。

え~、いつからやってたの!全然知らなかった!

でも、やってみようと思ってくれたこと、実際にやってみてくれたことが、とても嬉しくて、嬉しくて、メールを読んで私は宇宙と神様と友人とコスタリカと、この法則に「ありがとう!」と感謝の気持ちを込めて、飛び跳ねて踊りました(ホントです・笑)

宇宙ブラボー!最高!

実際に彼女達がビジネスを始めるのは10月以降になりますが、コスタリカにご旅行の方で、アドベンチャー好きの方、ご興味のある方は、Costa Rica Rios (英語のみですが)のHPをのぞいてみてくださいね!









2007年8月28日 (火)

月食中

みなさま、このブログをリアルタイムで見る方は少ないと思いますが、
いま、私の家から月が欠けていくのが見えています。
とはいっても、私の部屋からは月が見えないので、見えるリビングとこの部屋を行ったり来たりしている、とても変な人になってます(笑)

今日は皆既月食だという情報を友人が教えてくれて、
さっそく外を見てみると、すでに月食が始まっていました。
部分月食は見たことがありますが、皆既月食は初めてなので、嬉しい体験!

日本の実家の父によると、日本はあまりお天気がよくないとのことですが、
見られる方はぜひ見てくださいね。

その同じ空を私も見ています!


2007年8月25日 (土)

座右のマンガ『悪女(わる)』

みなさま おはようございます

今日は土曜日ですが、私にとっては日曜日で、今日はひさびさにゆっくりしています。

日曜日モードでまったりしていたら、これを書こう!と、突然頭に浮かんだので、
それについて書くことにします。

私は記憶に残る限り、23歳で日本を出るまでは、マンガに自分のお金をつぎ込んでいました。
父にマンガを読みすぎで禁止されたときも、こっそり読んで、将来は漫画家になろうと思っていました。
(自然や動物、全身像が描けなくてあきらめましたが)

私はそのマンガのおかげだったと思うのですが、子供の頃から学生時代を通して、国語関連の成績はいつも良かったと記憶しています。

最近は性を前面に押し出したマンガが増えて、あまりストーリー性を感じられるマンガを見つけづらくなったので、日本に帰ってもあまり読まなくなりましたが、いまでも大好きな漫画家さんは帰国のたびにチェックしています。

ヘタウマ、と呼ばれる、絵柄は万人ウケしないものの、ストーリーが読者を引き込む、読んでいるうちに一見ヘタそうにみえる絵もまったく気にならなくなる、とても貴重なマンガ家さんが何人かいらっしゃいますが、そのなかでもとくに大好きな人が深見じゅんさんです。
「ぽっかぽか」は何度かテレビドラマ化されましたよね。

彼女のマンガの中では悪女(わる) がなかでも一番すきなんですが、
主人公のまりりんと、彼女に起こる出来事は、潜在意識や引き寄せの法則を知っている人なら、うならずにはいられない展開なはず。

ストーリーは、主人公のまりりん(大企業の新入社員・三流大卒)が、あるちょっとしたことがきっかけで、一目ぼれをしてしまうことから始まるのですが、もう一巻の読み始めから続きが気になって気になって、最終巻がでた時はもう、わくわくどきどきしてページをめくりました。
あんなに冒険をしている気分で読んだのは、何年ぶりだっただろうと思います。

いま思い返しても、まりりんの人や自分に対する態度は、私の理想です。

とても優しい子なのだけど、自分の欲しいものをきちんと知っているから、ただのいい子では終わらないし、わがままもいう。
いい子だからこその他人からのねたみや嫌がらせを受けても、彼女の意識はそのことに向いたりしません。ゴール(= 一目ぼれした相手)に向かってただひたすら前進あるのみ。
「なんでそんなひどいことができるのよ、あんたって最低!」などと、同じ土俵に入る事は決してありません。

次々に起こる問題にも、つねに解決の糸口を探しています。
解決の糸口に意識の焦点が合っていれば、かならず解決につながっていく。
最後の最後でも、まりりんがしてきたことが、きちんと後になって生きてきます。

「アルケミスト」マンガバージョン・・・?(笑)

興味のあるかたはぜひ読んでみてくださいね。絶版になっていなければいいのですが・・・

文庫版の最後の3巻を実家からこっそりもってきてあるのですが(お姉ちゃん・ゴ・メ・ン!)
たまに読み返すと、やる気が回復します。

文庫本の17巻のカバー折り返しにあった深見じゅんさんの言葉に感動しました。

「結婚」について-

結婚は、大好きな人と暮らすことです。
ずっとずーっと一緒にいて
死ぬときは手を握っててもらう。もしくは、
死んでいく相手の手を握って、「ありがとう」という。
同じものを見て笑い、驚き、悲しみは抱き合って涙で溶かす。
自分より大切な唯一の存在。裏切らない、愛し合う、そして許しあう。
甘くて青くて、アホだといわれそうだけれど
ふかみは絶対、そう思っています。

そんな人と一緒に生きられる人生ほど、すばらしいものはないですね










2007年8月18日 (土)

久々の朝更新です

みなさま、おはようございます(^^)

久々に朝更新をしています。というのも、今朝おきて、洗濯をしていて、
この言葉が出てきたからです。

今日の一日のテーマはこれかな(いつもテーマがあるわけじゃないですが)

去年も某所でご紹介した事のある詩です、
Bruce Williamsonという方の詩だそうです。

Walk in the rain,
Smell flowers,
Stop along the way,
build sandcastles,
go on field trips,
find out how things work,
tell stories,
say the magic words,

trust the universe

雨を歩こう
花の匂いをかごう
寄り道をしよう
砂の城を作ろう
遠出しよう
どうなっているか調べてみよう
物語を語ろう
魔法の言葉を言おう

宇宙を信じよう



こんな長いのもあるんです。

Walk in the rain, jump in mud puddles,
(雨を歩こう、ぬかるみに飛び込もう、)

collect rocks, rainbows and roses,
(石をあつめ、虹、バラをあつめよう、)

smell flowers, blow bubbles,
(花の匂いをかごう、シャボン玉を飛ばそう、)

stop along the way, build sandcastles,
(寄り道しよう、砂の城をつくろう、)

say hello to everyone, go barefoot,
(みんなに挨拶しよう、裸足で歩こう、)

go on adventures, act silly,
(冒険に出よう、ばかな真似をしよう、)

fly kites, have a merry heart,
(凧を飛ばそう、幸せな心をもとう、)

talk with animals, sing in the shower,
(動物と話そう、お風呂で歌おう、)

read childrens' books, take bubble baths,
(子供の本をよもう、泡風呂にはいろう、)

get new sneakers,
(あたらしいスニーカーを手に入れよう、)

hold hands and hug and kiss, dance, laugh and cry for the health of it,
(健康のために手をつなぎ、抱きしめ、キスして、踊って、笑って、泣いて)

wonder and wander around,
(不思議に思う気持ちを抱きながらあちこち歩き、)

feel happy and precious and innocent,
(幸せで、大切で、無垢な気分を感じ、)

feel scared, feel sad, feel mad,
(恐がり、悲しみ、怒り、)

give up worry and guilt and shame,
(恥や不安や罪の意識を手放そう)

say yes, say no,
(イエスといったり、ノーといったり、)

say the magic words,
(魔法の言葉をいったりしよう、)

ask lots of questions, ride bicycles,
(たくさん質問し、自転車に乗り、)

draw and paint,
(絵を描き、色を塗ろう、)

see things differently,
(ものごとを違った視点で眺めよう、)

fall down and get up again,
(転んでは、起き上がろう、)

look at the sky, watch the sun rise and sun set,
(空を眺めよう、日の出と日の入りを眺めよう、)

watch clouds and name their shapes,
(雲を眺めよう、形に名前をつけよう、)

watch the moon and stars come out,
(月を、星が出るのを眺めよう、)

trust the universe, (宇宙を信じ、)

stay up late, (遅くまで起きて、)

climb trees, daydream,
(木に登り、白昼に夢をみて、)

do nothing and do it very well,
(何もしない、ことを上手にしよう、)

learn new stuff, be excited about everything,
(新しいことを学び、すべてのことにワクワクしよう)

be a clown,(道化になり)

enjoy having a body,
(体を持つことを楽しもう、)

listen to music, find out how things work,
(音楽を聴こう、ものごとの仕組みを調べよう、)

make up new rules, tell stories,
(新しいルールをつくろう、物語を語ろう、)

save the world, (世界を救おう)

make friends with the other kids on the block,
(ブロック内のほかの子と友達になろう)

and do anything else that brings more happiness, celebration, health, love, joy, creativity, pleasure, abundance, grace, self-esteem, courage, balance, spontaneity, passion, beauty, peace, relaxation, communication and life energy to...all living beings on this planet.
(これ以外にもこの星に生きるものに、さらなる幸せ、祝福、健康、愛、喜び、創造性、心地良さ、豊かさ、優美さ、自己を大切にする気持ち、勇気、バランス、自発性、情熱、美、平和、リラックス、関わりや命のエネルギーをもたらすことは、なんでもやろう)

-Bruce Williamson, It's Never Too Late To Have A Happy Childhood, 1987
ブルース・ウィリアムソン、「幸せな子供時代をつくるのに手遅れというものはない」


今日もすばらしい一日をお過ごし下さい

2007年8月17日 (金)

日本は厳しい暑さだそうですが

日本はお盆だったんですよね。 これから少しは過ごしやすくなることを願っています。
日本の友人からのメールで、40度を記録した、という知らせを聞いて、びっくり!

本当に暑いんですねえ!

こちらニュージーランド、今日は私の住む街の最高気温は6℃でした。寒いですよ~
雨だったので、スキー場はきっといまごろ新雪ですね。

私はスキーもスノーボードもしないので(もったいない!と思いつつ・・・)、夏が待ち遠しいです。

さて、最近の私はというと・・・なんだか宇宙から次の段階に行きなさいよといわれている感じの出来事がありました。

仕事で衝突してしまったのですが、そういうことがあると、なかなか心穏やかではいられませんね。
ちょっと動揺していたので、ちょっと充電してみました。

でもそんな、心穏やかにいられないときでも、宇宙に守られて、導かれていることは感じていたので、宇宙に感謝、感謝です。

「私どうしちゃったんだろう?調和していないのかな?」と気になったとき、私はサインに注意します。
「あと少しタイミングがずれていたらラッキーだったのに~!」ということがあったら、自分の精神状態が感謝や愛からずれているかもしれないと、自分を振り返りますが、今回はその割にはちょうどいいタイミングのシンクロも普通に起きているしなぁ・・・と、ちょっと不思議な感じです。

いまは宇宙がなにを教えようとしてくれているのか、心を澄ませて答えを受け取ろうとしているところかな?

斎藤一人さんの言葉だったように思いますが、誰かと衝突したとき、距離を置くようにするのは逃げるのではなく、体制を整えるということだ、という言葉を思い出しました。

(いま人にその本を貸しているので引用ができませんが)

う~ん、どんな答えを受け取ることになるんだろう?楽しみです。

でも、今回の収穫

口論が英語でできるくらいになっていることかな?(笑)

素直に喜んでいいのやら(^^;)










2007年8月11日 (土)

オーラの写真

このお話を先週するつもりだったのに、なぜかすっかり抜けていました。

友達が地元紙に載っていた告知を見たというので、先週のお休みにオーラの写真をとってくれる人を訪ねてきました。

1回30ドルで撮ってもらいました。高いのか、安いのか?

3人で行き、とってくれる人に「最初はだれ?」と聞かれ「ハイハイハーイ!」と元気良く返事をした私。やる気満々。

機械のようなものに手を置き、証明写真のようにカメラにむかって撮ってもらいます。

撮った後1分ほどしたら、ポラロイドのその写真のできあがり。

出てきたのは、ちょっと紫がかったブルー、一色だけ。均一に包まれてました。

もっとカラフルな色がでてくると思っていた私は、一瞬「あれ、地味?」と思ったのですが、

色の説明を読んでもらうと、「スピリチュアルな知識を探求するが、あまりどっぷりつかっているようには思わせない。なにかしらの癒しに関わっているのかもしれない。
深く濃いブルーのオーラなら、あなたの進んでいる道は正解と言え、人生の目的にそって生きているといえる。」とのこと。

この、「あなたの進んでいる道は正解と言え、人生の目的に沿って生きているといえる」というのは嬉しかった!
自分でもそう感じていたので、背中をポン、と押された気分でした。「そう!そうよね!やっぱり?」という感じで。

以前にオーラの色を見てもらったことがありますが、そのときは緑とブルーだったんですが、そのときは「いま何かを学んでいる最中」と言われました。
また、「水のそばに住む人だね」とも。
たしかに、人生において何かしら(湖、池、川など)水のそばに住んでます。
いまもあるいて3分もすれば湖にでますし。

オーラの写真を撮ってもらったのは生まれて初めてでしたが、おもしろかったです。

興味深かったのは、一緒に行った二人の友人。
二人ともそっくりのオレンジとイエローの明るい色だったこと。

人によって本当に違うんだ~と思ったのでした。

ちなみにイエローは色々考える、哲学的な人だそうですよ。クリエイティブな魂なんだそうです。

そしてオレンジは 温かみのある、エネルギーに満ち、自信に満ちているんだそう。何があってもそこから何かを学び取ろうとするタイプなのだそうです。


2007年8月 5日 (日)

宇宙からのメッセージ(8月3日分)

さて、先日に引き続き、宇宙からのメッセージです。

クスリと笑えたので・・・

A Note From The Universe

Would it make sense to you, Sachi, if I told you that absolutely nothing is important, yet everything matters?
Good, because nothing is, and everything does.

Tallyho,

     The Universe

Thoughts become things... choose the good ones! ®
© www.tut.com ®

Well, Sachi, I guess I can't say that this one is particularly important, but it does matter... and, as usual, I did like watching you read it.

もし君にこんなことを言ったら、君にわかるだろうか?

なにも、そう、何一つとして大した事ではなく、それでいてすべてが重要なのだと。

それはよかった。なぜって、「何一つとして」であり、また、「すべてが」なのだから。

タリホー!
(Sachi注:Tallyho!は この『宇宙』が好んで使う挨拶がわりの掛け声です)

宇宙より

思考は現実になる・・・いいのを選ぼう!
© www.tut.com ®

そうだな、察するに、私にはこれも特に大した事とはいえないが、それでいてやはり重要なことだが・・・
いつものことながら、君がそれを読む様子を見るのは、やっぱり嬉しかったよ。

2007年8月 3日 (金)

忘れた頃の宇宙からのメッセージ

久しぶりにNotes From The Universe (宇宙からのメッセージ)を訳してみることにします。

宇宙からのメッセージについて簡単にご説明しますと、

「ザ・シークレット」の出演者でもあるマイク・ドゥーリィ氏が数年前から平日毎日発行しているメルマガ(というのかな?)です。
登録はwww.tut.com でできます。
「ザ・シークレット」プロデューサーであるロンダ・バーン史も、娘さんに勧められたのがきっかけで登録し、それがきっかけで出演が決まった、といういきさつもある、他の出演者の方々ほどは知られていないけど、私はその親しみやすさと、人に対するあたたかいまなざしを感じさせる言葉達が大好きです。

Notes From The Universeは現在でも無料で登録できますし、登録したからといってうんざりするほどの勧誘のメールがこないのも粋です。

英語がわかる方はぜひ「Ask Mike!」をご覧下さい。あまりにも膨大な質疑応答と、その内容の深さで、どこから手をつけて良いかわかりませんが、いつか日本語にしてみたいですね。

いきさつについてご本人のインタビューを字幕にしています。
まだご覧になってない方で、興味がおありの方はどうぞ。
(携帯からの方、ダイアルアップの方、ごめんなさい)

マイク・ドゥーリィ氏 インタビューその1

マイク・ドゥーリィ氏 インタビューその2

マイク・ドゥーリィ氏 インタビューその3

さて、今日は半年振りに会った友達と近況を報告しあいました。
しばらく会わない間に、2年間付き合っていた彼と別れ、気持ちが落ち着いた頃にインターネットで知り合った人と付き合い始め、3週間前にプロポーズされたそうな。

彼女は自分の価値をちゃんとわかっており、欲しいものをちゃんと宇宙にお願いしていた人なので、いつも魅力的な人だとは思っていましたが、この展開の早さには本人もびっくりしていたけれど、さすが宇宙、最高のタイミングで、ことを運ぶということを心得ているのですね。

おめでとう!Cちゃん!

というわけで、幸せオーラをたくさんいただいてきました。

では、本日の宇宙からのメッセージはこちらです。(翻訳許可: Mike Dooley and Totally Unique Thoughts www.tut.com)

Being in the right place at the right time, Sachi, isn't something you can force.
It just happens when you keep busy. Effortlessly.
Imagine that -
     The Universe


Thoughts become things... choose the good ones! ®
© www.tut.com ®

No, really! Imagine that, Sachi! And then get busy living your amazing life!

ちょうどそのタイミングでそこに居あわせる、ということは、君が無理強いできるようなことではない。
努力していると感じることなく、忙しくしていることで、起こるものなんだよ。

思い描いてごらん・・・・

宇宙より

思考は現実になる・・・いいのを選ぼう!
www.tut.com

いやいや、本当に、そう思い描いてごらんって!
その上で君のそのすばらしい人生を忙しく生きているんだよ!

Special Thanks To Mike Dooley and His Team TUT!

2007年8月 2日 (木)

復活しました (^o^)

みなさま、こんばんは!

いろいろありましたが、やっと復活しました!

先週の木曜から今日まで、いろいろ気を揉みましたが、

やっとブロードバンドが使えるようになりました。

昨日の時点でルーターを初期状態に戻して時間を置いて、今朝つなげたら、懐かしいメール受信の音が響き、大喜びしている今日この頃です。

そして仕事から帰って来て、初期状態の無防備なワイヤレス接続(つまり今度こそ大手を振って誰でもアクセスできる状態)を何とかするべく、結構長い時間カスタマーサービスの人に教えてもらいながら、設定しなおし・・・

セキュリティキーを設定しました。

で、

つまり、振り出しに戻ったわけです(笑)

先週の木曜日は、セキュリティーキーが有効な状態でデータが使われている為に電話をかけていたので、現在の、セキュリティキーが有効な状態で、ブロードバンドが繋がっている状態で、というのは、先週の今日と同じ状態・・・

と言う話をカスタマーサービスの人にしたら、もしかしたら記録が間違っているのかも、というお話。

えっ?そんなこともありえるの?!

と、狐につままれた状態のまま、さらなる調査がされることになりました。

ただ、今回のことで、いま使っているプロバイダの人の対応が、他のプロバイダの対応よりも格段に良いということが判明したので、当分はいまのプロバイダで満足だという結論に達しました。(昨日の時点ではもうプロバイダを変えてやる!くらいに思っていたのですが)

ここ1週間で7人くらいのカスタマーサービスの人と話したけど、一人二人を除いて大半の人がきちんと聞いてくれて、理解する姿勢を見せてくれたのが、とても印象的でした。

いろいろ学んだ数日間でした。

とはいっても、設定の事はすぐ忘れるんでしょうけどね(笑)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »