フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年最後のご挨拶

みなさま、年の瀬ですねえ~~~

あっというまにもう大晦日なんて信じられません!ほんとに?

今年は皆様にとってどんな年でしたか?

私は、おかげさまでいいことがたくさんありました。

去年(2006年)は停滞していた感があって、不安や焦りを感じながら模索していましたが、
おかげで宇宙を信じること、執着しないことを学んだのだと思います。

今年の私のキーワードは、やはり「引き寄せ」ですね。「ザ・シークレット」の字幕をつけたことで、いろんなことを引き寄せ、いろんな人や物、出来事にも引き寄せられました。
このブログにもこんなにたくさんの方が来てくださるようになるとはあんまり考えてなかったし(笑)
どれくらいの変化があったかというと、今見てみました。

2007年1月の日平均ビジター数が 11 (ハア!?笑)
そして、ここ1ヶ月の日平均ビジター数が 548

皆さま、本当にありがとうございます!
感謝のビーム!!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

さて、今年あまりいいことがなかった、と思ってらっしゃる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
そんな方は、ぜひこのことを心にとどめておいてくださいね。

あなたはいつか、今のあなたを懐かしく、ほほえましく、愛情を込めて振り返る日が来ます。

絶対に来ます。

そのとき、あなたはこう思うでしょう。

「ああ、あの時も私は精一杯一生懸命生きていたんだ」と。

そして、今のあなたを抱きしめたいと、思いを馳せるはずです。

ちょっと、想像してみてください。未来のあなたが、今のあなたをやさしく包んでくれている感じを。

「だいじょうぶだよ、ほら、そのおかげで、すばらしい未来がひらけているんだから。」

さて、果たして、それは単なる想像でしょうか?
わたしは本当にアリだと確信しています。

時間と空間は、この世でもっとも大切な概念だそうですが、じつは幻想でしかない、とセスも言っている様に、便宜上私達はそれを活用していますが、意識は過去も未来も、同時に存在できるそうですから。

また、今年はいいことがたくさんあった方も、ちょっと元気を必要としている方に宇宙を通して愛と勇気と自信のメッセージが届くように、宇宙にちょっとエネルギーをおすそ分けしてあげてくださいね。

わたしもそうします。で、どういうかって?もちろん、これですよ!

「宇宙ブラボー!!」

O(≧∇≦)O

今年も大変お世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします・・・m(^v^)m

富を得る科学(The Science Of Getting Rich) 第13章


みなさま、こんばんは~~(^^)

とうとう日付が変わってしまいました。
大晦日です!

今日あるかな?ないかな?と興味津々だった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?
ありましたよ~ん!

このあと一回最後の締めくくりメッセージを更新して、今年のブログは終わりにしようと思って、先ほどまで朗読を録音していました。

なんだかんだ言って今回はそれなりにコンスタントにできていますが、わたしは楽しくないとやらない人なので、これもひとえに楽しみにしてくださってる皆さんの気持ちがうれしくて、やりがいがあるんでしょう。
みなさん、ありがとうございます~~(^^)

また来年もよろしくお願いしますね!

それでは、今年最後のポッドキャスト、「富を得る科学」第13章をお送りします。

******************************************************

富を得る科学 Chapter 13 – 適したビジネスをはじめる

 

どのようなビジネスにおいての成功も、そのビジネスに求められるだけの充分に発達した能力があなたに備わっているかにかかわっている。

音楽の才能なしではだれも音楽教師として成功することはできない。

機械を操作するのに充分な知識や能力がなければどの機械を売り買いするにも大きな成功を収めることはできないし、商売の才能なくして商取引で成功することはできない。

しかしあなたの職業において必要な能力を充分に発達させたからといって、それだけで富が得られると保障されるわけではない。

すばらしい才能があるミュージシャンでも貧しいままでいる人もいる。鍛冶屋や大工など、機械にまつわる優れた能力を持つ人々で、富を得るわけではない人々もいるし、人との取引に優れた能力を発揮する商売人で、それにもかかわらず失敗するものもいる。

様々な能力は、いわゆる道具である。良い道具をもつのは必須だが、その道具を正しい方法に使うことも不可欠である。一人が鋭いのこぎりと定規、よいかんななどを使い、見栄えの良い家具の一品を創り上げることができれば、一方でもうひとりがおなじ道具を使いその一品をまねしようとして台無しにしてしまうこともある。その人はよい道具を成功する方法で使うにはどうすれば良いかを知らないのだ。

あなたの心の様々な能力はあなたが富を得るために使わなければならない道具である。
あなたが心の道具を使いこなせるようなビジネスをはじめることができれば、あなたが成功することは簡単になるだろう。

一般的に言って、あなたが一番長けている能力を使うビジネスをすれば、あなたは最も良い結果を残すだろう。しかしこの提案にも限界がある。人の職業をまるで生まれたときに決まってしまいどうにも変えられないなどといった見方をするべきではない。

どのようなビジネスにいてもあなたは富を得ることができる。もしあなたが適した才能や能力といったものを持ち合わせていないなら、その部分の才能を伸ばせばよい。その場合はあなたが生まれながらに持ち合わせたものを使わなければいけないと自分に言い聞かせる代わりに、その道具を学びながら同時に作っていかなければならないというだけである。

あなたがすでに充分発達させたと呼べる才能を使う職業なら成功するほうが簡単だろう。しかしあなたはどの職業においても成功することができるのだ。

もともと備わっていて、眠っている才能を伸ばすことはできる。そしてあなたが少なくとも潜在的にでも、持ち合わせていない才能というものはないのだ。

努力という点ではあなたに適したことをするのが富を得る一番簡単な方法であるが、自分のやりたいことをすることで一番満足しながら、かつ富を得ることになる。あなたがやりたいことをやるのが本当の人生である。自分がやりたくないことを永遠にし続けるよう強要され、やりたいことが決してできないとしたら、本当に満足して人生を生きることはありえない。やりたいと思う、そのこと自体があなた自身の中にそれを可能にする力を秘めている証拠なのだ。

願いは力強さの現われなのだ。

音楽を演奏したいという願いは、音楽を奏でることのできる力が、成長し自分を表現しようとしていることの現れである。

機械を発明したいという願いは機械についての才能が発達と自己の表現を求めていることの現れである。

発達したか未発達かは関係なく、その力がなければそこには願いはない。そして何かをしたいという強い願いがあるのなら、それはそこにそれだけの力が備わっていることのれっきとした証拠である。ただその力が磨かれ、正しい方向に応用される必要があるだけである。

すべてのものは平等に存在する。あなたがすでに能力を伸ばしたそのビジネスを選ぶのは確かに一番良い選択ではあるだろう。しかしもしあなたがある特定の職業に就きたいという強い願いを抱いたのなら、その仕事をあなたが目指す最終の目標にするべきである。

あなたは自分の望むことをすることができる。そしてもっとも気持ちがよく、気質にあった事業や職業を目指すのはあなたの権利であり、また特典である。

あなたは自分の望まないことをしなければならないという義務はなく、本当にやりたいことをもたらすための手段としてする以外に、やりたくないことをするべきではない。

もし過去に間違えた結果、自分の望まぬビジネスや環境におかれているとしたら、しばらくの間はそれに従事する義務はあるかもしれない。しかし今あなたがしていることがやがて自分のやりたいことへとつながることを知ることによって、それをする間気持ちよく過ごすことはできる。

もしあなたがいま自分に適した職業についていないと感じていたとしよう。

他の仕事に就こうと焦って行動してはならない。

大体において職業や環境を変えるのに一番良い方法は、成長による変化である。

もしチャンスが目の前に訪れ、それを注意深く検討したうえで、それがあなたにとってよいチャンスだと感じるなら、突然大きく変化することに恐れていてはならない。しかしもしそれが疑わしく感じられるのなら、それはあなたの知恵がそうしているのだから、決していきなり変化を決めたり、大きな変化を選んだりしてはならない。

創造的な次元では焦りというものはない。そしてチャンスは豊富にあるものなのだ。

あなたが競合的精神から抜け出すとき、あなたは焦って行動する必要などないことを理解するだろう。

だれもあなたがやりたいことをしようとするのを叩くことはなく、皆に充分行き渡るのだから。もし一つの場所がふさがったとしても、他のよりよいものがもう少し先であなたを待ち受けるだろう。そして時間は充分にあるのだ。

 

 

もし疑いの気持ちを持つなら、待つことだ。あなたの理想の様子を考えることまで立ち戻り、信じる心とその目的をさらに大きくもちなさい。また何よりも、疑わしいときや決められないときは、感謝の気持ちを深めなさい。

12日あなたの欲しいもののビジョンを考え、それを得ることができるという心からの感謝の気持ちで過ごすことであなたの心は至高の存在にしっかりと結びつき、やがてあなたが実際に行動を起こすときにはあなたは間違いなくそうすることができるのだ。

この世には知る必要のあるすべてのことを知っている心がある。深い感謝の気持ちがあれば、あなたは信じる心と人生において進化するのだという目的を持つことで、この心としっかりと結びつくことが出来る。

間違いは焦って行動に移したり、恐怖や疑いの心で行動したり、皆により多くの生をという正しい動機をわすれたりすることで起こる。

あなたがある方向性で歩みを進めるにつれて、チャンスはどんどん増えていくだろう。あなたは信じる心と目的を常に持ち続ける必要と、敬虔な感謝をもって全知の心としっかり結びついている必要がある。

毎日、あなたができることを、しかし焦ることなく、不安に感じることなく、恐怖を感じることなく、完全な方法ですべてやり遂げなさい。可能な限りすばやく、しかし急ぐことなく。

急ぎ始める瞬間あなたは作り出すものになることをやめ、競争するものになってしまうこと、ふるい次元にまた戻ってしまうということを憶えておきなさい。

自分が急いでいると感じたときはいつでも止まりなさい。自分の欲しいもののイメージに注意をしっかり向け、自分がそれを得るのだという感謝を捧げなさい。

感謝の訓練はあなたの目的と信じる心を強めるのに失敗することは決してないのだ。

第13章 End

 

2007年12月30日 (日)

ココロの洗濯に

みなさま、こんばんは~~(^^)

年の瀬で結構慌しいですね~~

私も結構バタバタしていますが、
ちょっと良いものを見つけてしまいました。

NZの景色の動画です(携帯からの方ごめんなさい)

http://nz.youtube.com/watch?v=m9KyFXjlIeY

バックグラウンドで聞こえる鳥の声は、Tuiと言う、私の大好きな鳥の声です
見た目はカラスくらいの大きさで、黒い鳥ですが、胸のところにちょんと白い羽根がついてる、とてもきれいな声の鳥です。

そして、こちら↓も同じくYou Tubeで見つけたものです

http://nz.youtube.com/watch?v=GWKG4Kp7B1Q&feature=related

(1分21秒あたりの景色は、ロードオブザリングファンなら見覚えがあるでしょう)

ちなみに1分31秒あたりで出てくる気持ち良さそうな船は、蒸気船アーンスロー号(TSS Earnslaw)といって、今年95歳になるけどいまだに現役の蒸気船です。
私はこの蒸気船の会社(Real Journeys)で働いていたので、宣伝しておきます(笑)
すごく好きな会社です。働いていることが誇らしいと思えましたし。
いい人たちばかりで、友だちもたくさん出来ました(^^)
皆元気かなあ。

NZはいいとこですよ。みなさん。
ふるさとが2箇所ある感じです。

いつかココロの洗濯に行ってみてくださいね。
こんどNZお勧めルートなんて書いちゃおうかな♪

2007年12月27日 (木)

あの人が来る!

みなさま、こんにちは~~(^^)

ちょっと興奮しています!

誰が来るかというと、あのジャック・キャンフィールド氏が来日されるんですって!
ご存知でした!?

Suit_2006_th_3  

わたしはもともとこの方の本「Success Principles」に感銘を受けて、この方のサイトで「ザ・シークレット」の存在を知ったという経緯があるので、この方のセミナーにずっと行ってみたかったのです!

毎年アメリカで「Breakthrough To Success」という7日間のセミナーをしてらして、400人の枠が数ヶ月前には満席になって、毎年空席待ちがでるほどの人だそうです。3500ドルもするのに!

この方のそのセミナーの様子を収録したDVDコースを手に入れて見ましたが、さすが「買ってみて気に入らなかったら全額返金」というだけあって、1000ドルもするけど、それ以上の価値があったと思っているほどです。

あれから確かに流れが一変しましたもの。

とまあ、その方の来日です。これは興奮せずにいられません!

1日だけのセミナーだそうですが、しかも東京ですが、とっても貴重なチャンスだと思います。参加費用は決して安くないけど(5万円)、アメリカまで行かなくてもいいし、それ以上の価値は大いにあると思います!

日本でのジャックのセミナーのサイトはこちら


こちらのサイトでお申し込みができます

ジャックのウェブサイトはこちら(英語)

日時:2008年3月19日(水) 午前10時30分~午後6時
場所:TFTホール1000
参加費:50,000円

2007年12月24日 (月)

富を得る科学 (The Science Of Getting Rich) 第12章

みなさま、こんにちは~~(^^)

さて、前回のコメントは思いっきり遊んでみましたが、今回はまじめに「富を得る科学」の第12章です。
お楽しみください。。。。。

(ちょっと短いですが、この辺で・・・メリークリスマス!)

*******************************************

富を得る科学 Chapter 12 – 効率のよい行動

 

あなたは自分の思考を前章で述べたように使わなければならず、またあなたがいまいる場所でできることから始めなければならない。あなたができるすべてのことをすることが必要である。

あなたがいまいるところよりも大きくなることで始めてあなたは進化することができる。そしていまいる場所に付属する作業をすこしでもし残してその場を去ろうとする人間で、その場所より大きい人間は存在しない。

世界は人々が自分達の立場以上にその役割を満たす人々の手によって進化するのである。

もし誰も自分の立場に与えられた役割を満たさなければ、その場所はすべてにおいて後退することがわかるだろう。自分に与えられた役割を満たさない人々は社会、政府、商業、産業においてなんともしがたい重荷であり、他の人々が大きな負担を負って連れて行かなければならないからである。世界の進化が遅れる原因はただ一つ、自分の場所を満たさないものたちによってもたらされるのだ。彼らは過去の時代の一つ下のレベルまたは人生において下級の段階にあり、もっと下へと落ちていこうとする。

もしすべての人々が自分の置かれた場所よりも小さければいかなる社会も発展することはできない。社会の進化は精神や肉体の進化の法則によって導かれる。動物の世界では

進化は生命が増えすぎることによって起きる。ある生命が自ら機能できるレベルよりも多くの命を持つとき、さらに進化した段階の生命に発展し、新しい種族が生まれる。

自分達の場所をそれ以上に満たした生命がいなかったら、新種の生き物は生まれなかったであろう。その法則はあなたにとってもまったく同じである。あなたが富を得るかどうかはあなた自身の生活にこの法則を使うかどうかにかかっている。

毎日は成功か失敗のどちらかである。そして成功の日々こそがあなたに望みのものをもたらす。毎日が成功の日々なら、間違いなく富を得ることになるのに対し、もし毎日が失敗の日々なら、あなたは決して富を得ることはないだろう。

もし今日できることがあり、あなたがそれをしないなら、それについて言う限りあなたは失敗したことになる。そしてその結果はあなたが思うよりもひどいものかもしれない。

日々のちょっとした行動ですらあなたに結果は予見することはできない。あなたの為にどのような力が動いているかをあなたは知る由もない。あなたの行うとても簡単な行動が、大きな可能性の扉を開くきっかけになるかもしれないのだ。
至高の知性が世界のあらゆるものや人間の関心事をどのように組み合わせているかをあなたは知る由もない。あなたがなにかちいさな行動をしなかったり失敗したりすることで、あなたの望みが叶う時が大きく遅れる原因となりえるのだ。

毎日、その日にすべきことをその日に終わらせなさい。

これにはしかし念頭においておかなければならない限界や必要条件がある。


 

あなたはやりすぎてはならない。また大変な数のことをとても短い間にやってしまおうと焦ってやみくもに事業に手をつけることもしてはならない。

明日の仕事を今日しようとしてもいけない。また一週間の仕事を一日で終わらせようとしてもいけない。

あなたがやり遂げた数はそれほど重要ではなく、大切なのは一つ一つの行動がいかに効果的であるかということなのである。

すべての行動は、それ自体が成功か失敗である。

すべての行動は、それ自体が能率的か非能率的かである。

非能率的な行動はすべてが失敗である。そしてあなたがもし人生を非能率的な行動をして過ごすなら、あなたの人生は失敗に終わるだろう。

あなたの行うすべての行動が非能率的なら、やればやるほど物事は悪化することになる。

反対に能率のよい行動はそれ自体が成功であり、あなたの人生での行いがすべて能率のよいことならば、あなたの人生は成功することは絶対である。

失敗の原因はたくさんのことを非能率に行い、また能率的なことを充分に行っていないことにある。

もしあなたが非効果的なことをなにもせず、多くのことを効果的に行えば、あなたが富を得ることになるのは明らかであることがわかるだろう
もし一つ一つの行動をあなたが効率よく行えるなら、富を得ることは数学のようにまさに科学だということをあなたは目の当たりにするだろう。

ここで、あなたが一つ一つの行動を成功したものにできるかという疑問が起こるが、もちろんそれは可能である。

あなたはすべての行動で成功することができる。なぜなら万物の力はあなたと共に働いているのだから。そして万物のちからは失敗することがない。
力はあなたの使い方次第である。そして一つ一つの行動が効率的になるためには、あなたはその力をそそぐだけでよいのである。

すべての行動は強いか弱いかどちらかである。そしてすべてが強いとき、あなたはあなたに富をもたらす「ある方向性」をもって行動しているのである。

すべての行動は、それをしている間、しっかりと理想を心に抱き、目的と信じる心を注ぐことで強められ、効率を良くすることができる。

心の力と実際の行動とを別にする人々はこの時点で失敗する。彼らは心の力をあるときはあるところにつかい、別のときには別のところで行動する。ゆえに彼らのほとんどが非効率的な行いをしているために、それらの行動は成功しないのだ。

しかしどんなに平凡であろうとも、すべての行動にすべての力を注ぐなら、一つ一つの行いはそれだけで成功そのものとなる。そして自然そのものの性質であるように、すべての成功はまた別の成功へと導く。あなたの望むことへの前進は、そしてその望みがあなたに向かうその速さも、ますます早くなっていくのだ。

成功する行動は、その結果を倍増させる性質があることを憶えておきなさい。すべてのものにもともと備わっているもっと生きたいという願いがあるために、ある人間がさらなる人生にむかって動き始めると、さらに多くのものが彼のもとにやってきて、彼の願いが影響するものはどんどん増えていく。

毎日、その日にできることを、効率的な方法ですべてしてしまいなさい。

そのとき、つまりあなたが一つ一つの行動を行う間、それがたとえ平凡なことや些細なことでも、理想の絵を抱きながらやりなさい。

とはいえ常にそのビジョンを明確に細かく見なさいといっているのではない。あなたのビジョンを詳細にいたるまで想像を膨らませ、記憶にしっかりと焼きつくまで考えるといったことはあなたの自由な時間にするべきである。

もし早く結果がみたいなら、あなたの自由な時間をすべてこういったことに費やしなさい。

継続して考えることであなたは自分の欲しいものの姿が詳細なまでにどういうものかわかってくる。だからこそ自分の心と、形のない存在の心にしっかりと焼き付けなさい。そしてあなたが働いている時間はその心の絵に簡単に照らし合わせ目的と信じる心を刺激する程度に抱き、前進するためにできる限りの努力をしなさい。自分の意識がその様子を一瞬でつかめるようになるまで、自分の自由な時間に自分の理想図を考えなさい。

単にそれを思い浮かべただけで自分の存在全体の最強のエネルギーを呼ぶという輝かしい約束によってあなたの心に情熱がおこるだろう。

ではここで概要を繰り返したい。そして最後の提言をわずかに変える事で、我々はここで得た結論をまとめることにする。

世界には「考える要素」が存在し、あらゆるものがそれによって作り出される。それは本来の状態は宇宙の空間を通り抜け、染み透り、満たしている。

ある考えは、この要素の中で、その考えがイメージしたそのものを作り出す。

人間は考えの中でものを作り出し、そしてその考えを「形のない要素」に印象付けることによって、創ろうとしたことをつくりだす原因となる。

そうするためには、人間は競争するという精神からあたらしく生み出すという精神へと移行しなければならない。その人は自分の欲しいものの心の絵をはっきりと描き、目的と信じる心とともに、その日にできるすべてのこと、さまざまなことをそれぞれ効率的に行動し、終わらせなければならない。

(第12章 おわり)

 


メリークリスマス!

みなさま、クリスマスですね~~

毎年思うのですが、日本はイブが盛り上がり、西洋社会は25日が重要な日ですが、
何が違うのでしょうか?謎でございます。

まあそんな話は置いておいて、
この一年に思いっきり見てくださる方が増えたことに心から感謝して、
奔放初公開(でもないか)!私の写真公開です!

クリスマス限定ですから、25日以降は削除するかもしれませんので、熱いうちにどうぞ。

(注:仕事中にこれをご覧の方、音が出ますのでご注意下さい)
(注その2:PCから見たほうがいいと思われます)


 

このサイトは毎年この時期になると必ず回ってくる、ここ数年のクリスマスの定番になっています。遊び心のあるこんなサイトは大好きです。

エルフになってみよう~クリスマスメッセージ

旅の恥はかき捨て、クリスマスの恥はかき捨てです。
笑いは大切ですもん。

皆様、ステキなクリスマスをお過ごし下さい・・・

2007年12月20日 (木)

ココロが震えたぞ!ポール・ポッツさん!

昨日の朝、家族が見ていた朝のバラエティショーで、
ポール・ポッツ(Paul Potts)さんの話題が出ていて、興味が出たのでYou Tubeで検索してみたら、
ありました。

(トゥーランドット)
http://nz.youtube.com/watch?v=ZGFXMvMcmbs

(盛り上がりは4分30秒を過ぎたあたりから)

それで聞いてみたんですが・・・・鳥肌が立ちました!
ヘイリー・ウェステンラのときも感動したけど、
この人の声は聞き入ってしまうほどの美声ですね!

日本の記事には「ブサイクオペラ歌手」とありましたが、なんてこというんだ!
そうかな~~普通の人だと思うけど・・・
傲慢さが顔に出てる人よりも、はるかに好感が持てるけどなあ

しかもこの人がデビューするきっかけがあの『アメリカン・アイドル』の英国版
『Britains' Got Talent』だそうですね。

この番組に応募した時点では、携帯電話(Carphone Warehouse)のセールスマンで、
優勝しちゃって、エリザベス女王の前で歌う事になっちゃって、
世界中から出演依頼が来て、CDが出て・・・というめまぐるしい展開で、
今後が楽しみです。

日本にも来るそうですね。行きたいけど、東京だけなの、とちょっと残念・・・

歌わせれば感動の涙を呼ぶほどで、でもステージを降りたら普通の人で、
そのギャップがおもしろい!

「携帯のセールスの仕事はどうしたの?」というファンの質問に答えて
「6ヶ月の休暇中です。その間の展開次第ですね。出来れば戻りたくないけど・・・」
とフツ~に答えていて、妙に親近感を感じましたね。

いや~いいものを聞かせていただきました。
神様にもらった才能を埋もれさせちゃもったいない。
世に出てきてくれてよかった。

挑戦しようとしたその勇気に感謝します。
すごい得した気分です。

CD買おうっと♪

2007年12月19日 (水)

マイク・ドゥーリィ氏の字幕復活しました

みなさま

大変長らくお待たせいたしました。
というか、忘れていた人の方が多いのでは?

というほど、おひさしぶりな字幕が復活しました。
マイク・ドゥーリィ氏の字幕です。

といっても、「字幕.in」さんにではなくて、You Tubeに。

http://nz.youtube.com/watch?v=Djx0deo6_T0

思えば「字幕.in」さんにつけた動画が動かなくなったのって、
たしか4月下旬。

消えてしまったと知ったときはショックでしたが、他のが無事だったのが
なによりです。

この作業をしたのは8月でしたが、そのときは動画のサイズがあまりにも
大きくなってしまい、Upできませんでした。
昨日や~~~っと画像を圧縮できるようになったので、公開できるようになりました。

よかった。フテネした甲斐がありました(笑)

年内に復活できてよかった・・・




2007年12月18日 (火)

いつまでもデブと思うなよ!?

みなさま、こんばんは~~(^^)

今日はかなり勝手気ままな内容です。
昨日お話した、つい買ってしまった本というのがこれです

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)

岡田斗司夫著
「いつまでもデブと思うなよ」

タイトルが最高にウケました。

帰国前にamazonで見て興味があったんだけど、昨日まですっかり忘れてた。

(ちなみにamazonのレビューは12月18日現在125件を数えます。すごい!)

じつは海外に出始めた10年前に比べて、かなり体重が増えてしまった私。
その差控えめに見ても10kg以上に及びます!

著者の方のビフォー(117kg)アフター(67kg)の写真が載ってて、それもすごいんですが、
この人の文章が笑えるし、わかりやすい!

ダイエットとか、引き寄せの法則の観点からは、
太っていることに意識が言ってしまうから、ダイエットは考えるな、とよく言われますが、
なかなかね、女性はね・・・気にしちゃいますよね・・・(男性も!?)
でも、我慢して食べないでいるほうが、
食べることにしたときの反動が大きいのは本当!に共感!

普通のダイエット本とは一線を画しています!

内容は、

毎日決まった時間に体重を量る、食べたものをすべて記録する、という
レコーディングダイエットだそうですが、
助走、離陸、上昇・・・などの段階に分けられて、それぞれ解説していますが、
体重がどんどん落ちていき、体が軽くなる感覚を表現するその上手さといったら!

私も理想体重だったときは、体が軽くて歩くのが楽しかったのを思い出しました。
そうそう、天にも昇る思いだった!

というわけで、楽しそうだからやってみることにします。
経過はまたご報告しますね。


(この本は体脂肪率が平均値よりもかなり高い人むけに書かれているようなので、平均値の人が平均値以下にするのにはもしかしたら不向きかも知れません。。。。50kgで体脂肪率19%のひとが45kgになろうとしてもこの本は役に立たないかも・・・というか、それ、やせすぎ!)


2007年12月17日 (月)

富を得る科学 (The Science Of Getting Rich) 第11章

みなさんこんばんは~(^^)

最近何人かの方に言われ、自分でも思っていたことですが、
このブログ、重くなりましたね~~~
そろそろ音声ブログを別に保管しようかな
と考えている今日この頃です。

さて、しばらくお休みをいただいていた「富を得る科学」の音声ブログの続きです。
お待たせしました。
のどを鍛えないと、簡単に擦れますね。う~~~ん・・・

じゃあ、鍛えるために、カラオケでも・・・(笑)
いやいや、レパートリーが10年前でとまってるから、だめだ!

昨日いい加減来年の予定を入れる手帳を買いに行こうと、本屋さんに行きました。
また、本屋さん・・・(笑)
ところが、私の地元は田舎なのか、売り切れなのか、「ザ・シークレット」も、エイブラハム版「引き寄せの法則」も、ブレンダさんの「すべての望みを引き寄せる法則」も、どこにも見当たらない!
いったいどういうこと!?

で、立ち読みついでに、手に取ったらとまらなくなってしまい。購入の運びに至った本があります。

あ、これ、ネタになるからまた明日にネタ貯金しておきます。
(あ、ちなみにスピリチュアル本じゃありません。めずらしく)

とまあ、日本を満喫している中のSachiでした(^^)

では、本題のポッドキャストと、本文をお楽しみ下さい・・・



*****************************************************************

富を得る科学 Chapter 11 – 決まった方向性で行動する

 

思考は現実化する力、または創造する力が働く原因となる推進力である。

ある方向性でものごとを考えることはあなたに富をもたらすが、思考だけに頼ってはならないし、人の行動に無関心でいてもならない。

思考を実際の行動につなげなければ科学的にものごとを考える抽象学者たちが難破する原因になる岩となるのだ。

たとえそういう段階、つまり人が何もないところから自然界のプロセスや人間の手によって創られることなく、直接ものごとを創り出すといった時代が可能であると仮定しても、まだ我々はそういった進化の段階までたどり着いていない。
人は考えるだけでなく、その人自身の行動がその考えを補助しなければならないのだ。

考えることであなたは山脈の中の金があなたのところへ行こうとするきっかけを作ることができる。しかしその金鉱はひとりでにそこに埋まり、ダブルイーグルと呼ばれる鷲の彫りが入れられた20ドルコインに自らを彫り、あなたのポケットを目指して道路をうねりをあげながらやってくるというわけではないのだ。

崇高な魂の促進力によって、人間の行動は導かれる。

つまり誰かがその金鉱に導かれ、あなたのところに行くことになる金を掘り出すだろう。他の事業の取引がそのお金があなたの元に行くように導かれるだろう。そしてそのお金が実際にあなたのところにやってきたとき、あなたは自分のビジネスがそれを受け取ることができるように手配しなければならない。

あなたの思考はすべての物を作り出す。命あるものもないものも、あなたの望みのものをもたらすために働く。しかしそれらがあなたの元に訪れたときあなた自身の行動も、それを受け取るにふさわしいものになっていなければならない。慈善団体のように受け取ってはならないし、盗んでもならない。あなたが金銭を受け取る以上に相手にとって利用価値のあるものを、あなたは与えなければならない。

思考の科学的な利用法は望みを具体的ではっきりしたイメージを心の中で形にすることである。欲しいものを得るのだという目的をしっかりと持ち、それを得るというゆるぎない信頼による感謝の気持ちと共に現実化させるのである。

なぞめいた方法やオカルト的方法で自分の考えを送り出して、自分のために働かせようなどという考えをもって、自分の思考を反映させようとしてはならない。そういった努力は無駄におわるだけだ。そして正気の心で考える力を弱めることになるだろう。

富を得るための思考の働きについては前章で充分説明した。
あなたの信じる心と目的はあなたと同じ、いまよりもっと豊かな人生をという願いを持っている存在である無形の物質へのあなたの見解を肯定的に印象付けるだろう。

そしてあなたから受け取ったその見解は創造的なすべての力を、自らの通常の活動を通して、しかしあなたに向かってにフル回転で動き出すのである。


この作り出される工程を管理することや導くことはあなたの役割ではない。

あなたがすべきことは自分の中の心の絵を持ち続け、目的をしっかり持ち続け信じる心と感謝を常に持ち続けることだけである。

しかしあなたはある方向性を持って行動しなければならない。それがあなたのところにたどり着いたとき、あなたがそれを受け取るに値するように、あなたがこころに描いた物事の絵に出会えるように。

そしてそれが到着したとき、それにふさわしい置き場所にあなたがそれらをおくことができるように。
この本当の理由はあなたにもわかるだろう。ものごとが実際にあなたのところにやってきたとしよう。それらは他の人間の手中にあり、その持ち主はそれに相応する対価を要求するであろう。そして、本来彼のものであるものを彼が手にするように、あなたも本来あなたのものであるものしか手に入らないのだ。
あなたの財布は、何もしなくてもいつもお金に満たされているという言い伝えのフォーチュナータの財布に変身することはない。

これは富を得る科学に欠かせない点である。思考と個人の行動が一つになっていなければならない。世の中にはたくさんの人が意識的または無意識的に自分の望みを辛抱強く、創造する力に働きかけ、行動を起こさせるひとがいる。
しかし貧しいままの人はそれらが訪れたときにそれらを受け取ろうとしないのである。

考えるだけであなたの欲しいものはあなたのもとにもたらされる。

そして行動を起こすことであなたはそれを受け取るのである。

あなたの行動が何であれ、あなたが「今」行動を起こさなければならないのは明白である。あなたは過去で行動を起こすことはできない。また心の中の理想を鮮やかに描くためには過去をあなたの心から追い出してしまうことが必要である。

あなたはまだここに存在しない、未来に行動することもできない。未来で何かが起こったとしても、それが起きてみるまであなたはどう行動しようとするかはあなたにはまだわからないのである。

あなたが現在あなたの適職、またはぴったりの環境にいないからといってそういった職に就くまで、またはそういった環境になるまで行動を延期しようと思ってはならない。

未来に起こるかもしれない緊急の事態にたいする対処の方法を語ることに時間を使わないようにしなさい。もしなにか不測の事態が起こっても、あなたにはそれを乗り越える力があることを信じなさい。

あなたがいま現在行動しながら、こころは未来にあるとき、あなたの現在の行動はさまざまな流れに分かれてしまい、効果的でなくなってしまう。

すべての心を今現在の自分に置き換えてみるとよい。

すべての元である存在に作り出そうとする刺激を与えておきながら、その後で何もしないで結果を待ち続けることのないようにしなさい。


もしそうしてしまったなら、あなたは決してそれを手に入れることはできない。
いま、行動に移しなさい。いま以外に時間などなく、またこれからも今以外の時間など発生しないのだから。もし自分の欲しいものを受け取る準備を始めるなら、今始めなさい。

あなたの行動がどういったものであろうと、おそらくあなたはしばらくは現在の事業または雇われの身でなければならないだろう。そしてあなたが今置かれているそういった環境のなかでの人や物に対して行われるものでなければならないだろう。

あなたがいま置かれていない状況で行動することはできない。過去においていたところで、または未来でいるであろうところで、行動することはできない。いまいるところで行動に移すしかないのだ。
昨日の仕事が良くできたとかできなかったとか気にかけるのはやめなさい。
今日の仕事を上手にやり遂げなさい。

明日の仕事をいまやってはならない。明日になれば充分それをする時間があるのだから。

謎めいた方法で、あなたの手の届かないところにいる人や物に働きかけようとしてはならない。

環境が変わるのを待っていてもいけない。その前に行動にだしなさい。その行動で環境を変えなさい。

あなたがいまいる環境であれば、あなたはもっと良い環境に移ることができるように、その環境に働きかけることができる。

信じる心とより良い環境に自分がいられるようにという理想の絵や目的を持ち、しかし心を込めていまある環境に全身全霊で取り組みなさい。

あなたはまた、砂上の楼閣や妄想などに時間を費やしてはならない。一つの自分が欲しい理想をしっかり持ち、いまを生きなさい。

富を得る最初のステップとして変わったこと、通常しないようなこと、大げさなこと、新しいことなどをしようと考えないようにしなさい。
あなたの行動は少なくともしばらくは今までどおりと変わらないであろうが、それらの行動をある方向性を持って行い始めることになる。そのことがあなたを確かに富へと導くだろう。

もしあなたがある事業にかかわっていたとしたら、そしてそれがあなたにとって適切でないと感じているとしても、自分にとって適切なビジネスに変わるまで行動を起こすのをまっていてはならない。あなたが間違った場所にいるからといってがっかりしたり、座り込んで嘆いたりしてはならない。

誰一人として自分にぴったりの場所をみつけられないほど間違った場所に置かれることはない。そして自分にぴったりの仕事に就けないほどまちがった仕事にどっぷりとつかることになる人は居ない。


 

あなたがなぜそうしたいのかという目的と、そこにいけると信じる気持ち、行くのだという気持ちをもちながら、すでに自分にぴったりの仕事をしている様子をしっかりと胸に抱きなさい。その上でいまの仕事でそれを発揮しなさい。もっと良い仕事に変わっていくための手段として今の仕事に励みなさい。もっと良い環境に変わっていくための手段として今の環境を活用しなさい。あなたがもつぴったりの仕事のイメージを、信頼する心と目的意識とともに持つならば、至高の存在があなたにそのぴったりの仕事をもたらすことができるように働きかけることになる。そしてあなたの行動も、ある方向性で行われるならば、あなた自身がそのビジネスに向かうきっかけとなるのだ。

 

もしあなたが雇われる身であり、あなたが自分の望むものを得るために今居る場所を変えなければならないと感じているとしても、別の仕事を得ようと考えるかわりにこと細かい計画をたてて宇宙にそれを現実化させようとしても、おそらく失敗に終わるだろう。

信じる気持ちと目的意識を持って今の仕事をしながら、自分が望む仕事をすでに得ている様子を心に思い描きなさい。そうすればかならず望む仕事がえられるだろう。

あなたが思い描くその姿と信じる気持ちは創造する力を動かし、それをあなたにもたらすために動くだろう。そしてあなたの行動はあなた自身がいま置かれている環境に働きかけ、あなたの望む場所に導くように働きかける。

 

この章のまとめとして、他のまとめに以下の文を付け加える。

 

世界には「考える要素」が存在し、あらゆるものがそれによって作り出される。それは本来の状態は宇宙の空間を通り抜け、染み透り、満たしている。

ある考えは、この要素の中で、この考えがイメージしたそのものを作り出す。

人間は考えの中でものを作り出し、そしてその考えを「形のない要素」に印象付けることによって、創ろうとしたことを現実に生み出す原因となる。

そうするためには、人間は競争するという精神からあたらしく生み出すという精神へと移行しなければならない。その人間は自分の欲しいものの心の絵をはっきりと描かなければならず、この絵を心の中にそれを得るのだという揺るぎない意志をもち、またそれを得るのだという揺るぎない信頼をもち、その目的が振り落とされたり、理想の姿が鈍ったり、信頼をうしなったりするようなすべてのものから自分の心をしっかりとさえぎらなければならない。

そしてその人間が自分の欲しいものが自分のもとにやがて来たときに受け取ることができるように自分がいま置かれている環境にある人々やものに対して、、行動しなければならないのだ。


11 おわり

2007年12月13日 (木)

Follow Your Bliss

タイトルの言葉は、ジョセフ・キャンベルの言葉で、エスター・ヒックスさんを通して語る存在「エイブラハム」が「これ以上に大切にすべき言葉はない」とまで言うほど、好んで使う言葉でもあります。

そして、私のNZ友達で、ジュエリー創作がとても上手な人が、私に言葉を入れたシルバープレートのネックレスを創ってくれることになったときに、悩みに悩んで選んだ言葉でもあります。

NZの離れる直前に滞在させてもらった友人で、「到着するまでに言葉を考えておいてね」といわれたのに、全然いい言葉が浮かばず、う~ん、う~ん、と考えていたときに、友達が言ってくれた言葉がこれでした。
選んでよかった。かなり気に入ってます。ありがとう~~(^^)

Follow Your Bliss

直訳すれば、「喜びを追いかけなさい」

いい日本語をあてたいですね。

「心が喜ぶ方を選びなさい」かな?

「心が喜ぶ方に進みなさい」かも。

私の2007年はこの言葉がテーマだったのかもしれません。

去年(2006年)はいろいろ自分にとって低空飛行が続いた年でしたが、そのおかげで本当にたくさんのステキな発見がありました。

自分で自分を雲の中においていたけど、じつはいつでも愛の光に照らされていたこと。
(これをいま読んでくださるあなたのことも、宇宙は愛してやまないんですよ~)

本当に欲しいものがなかなか叶わないときは、拗ねることなく(これ大切です)、あきらめず(これも大切です・笑)、一旦保留にしておいて、その間になにか気が向いたこと、心が喜ぶことをすること

ふとしたことがきっかけで、ザ・シークレットに出会えたこと。

そして、今年(2007年)は、迷ったときはあまり頭で考えずに心が嬉しいかどうかでいろんなことを判断していました。

ザ・シークレットの最初の20分は製作者の方から削除するように言われるリスクも覚悟の上で、日本の人達と共有したい一心でつけましたが、結果的に宣伝効果もあり、たくさんの人たちとこの動画を共有でき、製作者の方からのお咎めもなく(これがすごく嬉しい・ありがとうございます!)今に至っています。

また、だめでもともと、とジャック・キャンフィールド氏のウェブサイトにメールを送ったら、担当の方から許可をいただいて、音声ファイルを翻訳することができたのも、時を同じくしてマイク・ドゥーリィ氏の動画に字幕をつける許可を頂いたのも、Follow Your Blissに従った結果でした。(マイク・ドゥーリィ氏の動画のうち一つはいまだに復活してませんが、いずれ字幕をつけて、今度は字幕ごとダウンロードできるようにYou Tubeで公開してもいいかな、と思ってます)

「Follow Your Bliss」は、真言だと、心から思います。

8月以降は一時帰国したと思ったら、その後すぐに仕事を辞めてNZを引き上げ、帰国することにしたために公私共にかなり忙しかったのですが、それでもおなかにストン、とくるものを感じているので、これでいいということなんだろう、と思っています。

人生はジェットコースターに違いない。あら、じゃあ、ストロベリーとシャンパンもって乗らなきゃ!

年末くらいにみなさんになにかご恩返しになるようなことができればな~~と思っていますが、もうちょっとナイショです(^x^)

なので懲りずにまたこのブログをのぞいてくださいね。

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m








2007年12月12日 (水)

風邪引いてまんねん

みなさま、こんばんは~

10日から体調を崩し、今日まで寝込んでいました。

2日半、ほとんど眠り続けて、自分でもびっくりです。
寝すぎで体のあちこちが痛い(笑)

11月は普段の生活に比べて極端に忙しい日が続いていたのと、
日本に帰ってきて気が緩んだんでしょうね、たまっていた疲れがどっと出たのだと思います。

身体は正直ですね。
でもおかげでしっかり充電できています。気力も戻ってきているし、体力も戻ってきています。
パソコンに向かえるのがその証ですね。

ありがたいありがたい。
というわけで、皆様、私は大丈夫ですから、ご安心くださいね。

9日に本屋さんをのぞいて見ましたが、空前の引き寄せ本ブームですね!噂に聞いてはいましたが、これほどまでとは、買うにもどれを買ったらいいか迷ってしまいそうなほどで、いい時代になったなあと思います。
わたしが成功哲学を読んだ7年前は、知る人ぞ知るといった感がありましたが・・・

さてさて、実家に帰ったときに、ある方が送ってくださったブレンダさんの「すべての望みを引き寄せる法則」が届いていました(Eさん、ありがとうございます!感謝、感謝です!)ので、早速拝読しました。


すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング

前書きで引き込まれていきましたが、ブレンダさんのあたたかなお人柄が見えるようですね。
自分の人生は100%自分が創り上げている、という言葉は、ともすれば誤解を受けがちな言葉ですが、人は影響を与え合って生きていて、どの影響を受け容れるか否かは私たち自身が(意識的にも無意識的にも)選んでいるんだということがわかれば、人生は大きく変わっていくのだということを、体現してくださっている気がします。

「引き寄せの法則」を知ったばかりの人や、まだそんな法則があることを知らない人にもぜひ読んでもらいたい本ですね。

まだまだ読みたい本がたくさんありますが、DVDもいろいろ見たいのがあります。
たのし~~~!しあわせ!O(≧∇≦)O

そんなわけで、みなさま、風邪などにはくれぐれも気をつけて、ご自愛くださいね(アタタ!耳が痛いわ!どうして?!)

2007年12月10日 (月)

帰国しました

みなさま、こんばんは~~~(^^)

ご無沙汰していましたが、無事に日本に帰国しました!
移動中は本当にいろいろあり、刺激に満ちた10日間でした。
みなさま、これからもよろしくお願いいたします!

さてさて、あらためてニュージーランドという国はのんびりしているなという実感を得て
帰ってきましたが、その最たるものが、インターネット環境。
住んでいたフラットの家を引き払うので、ブロードバンドを解約したのですが、
一度だけメールチェックの為につないだら、フリーズしたのかと思うほど遅くて、
びっくりしました。
何が一番びっくりしたって、ダイアルアップ接続からブロードバンドに変更したのがつい1年前だというのに、ブロードバンドの速度を味わったあとで、ダイアルアップ接続がそれはもう遅いこと。結局ここに更新するにも、フリーズするのでできないし。

慣れってこわい。と思いました。

さてさて、ニンダガ君が久々に登場です。

(ニンダガ君とは、私がオーストラリア滞在中の1999年に、アボリジニの女性ドライバーからもらったぬいぐるみのことです。以来私が長距離を移動するときは必ず連れて行くのです)


102_0681

クライストチャーチでお世話になった家で、仲間を発見!
102_0689

まぶしくて見えませんが、目の前は海です。
でもニンダガには食べ物しか見えません。

102_0688

恐竜の子孫とよばれる爬虫類のトゥアタラ像の懐に・・・

102_0702

ニンダガはどこだ

(NZの屋久杉といわれるカウリの木。これは樹齢500年くらいだそう)

102_0712

お友達の家の猫。フェニックス君。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »