フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« マイク・ドゥーリィ氏の字幕復活しました | トップページ | メリークリスマス! »

2007年12月20日 (木)

ココロが震えたぞ!ポール・ポッツさん!

昨日の朝、家族が見ていた朝のバラエティショーで、
ポール・ポッツ(Paul Potts)さんの話題が出ていて、興味が出たのでYou Tubeで検索してみたら、
ありました。

(トゥーランドット)
http://nz.youtube.com/watch?v=ZGFXMvMcmbs

(盛り上がりは4分30秒を過ぎたあたりから)

それで聞いてみたんですが・・・・鳥肌が立ちました!
ヘイリー・ウェステンラのときも感動したけど、
この人の声は聞き入ってしまうほどの美声ですね!

日本の記事には「ブサイクオペラ歌手」とありましたが、なんてこというんだ!
そうかな~~普通の人だと思うけど・・・
傲慢さが顔に出てる人よりも、はるかに好感が持てるけどなあ

しかもこの人がデビューするきっかけがあの『アメリカン・アイドル』の英国版
『Britains' Got Talent』だそうですね。

この番組に応募した時点では、携帯電話(Carphone Warehouse)のセールスマンで、
優勝しちゃって、エリザベス女王の前で歌う事になっちゃって、
世界中から出演依頼が来て、CDが出て・・・というめまぐるしい展開で、
今後が楽しみです。

日本にも来るそうですね。行きたいけど、東京だけなの、とちょっと残念・・・

歌わせれば感動の涙を呼ぶほどで、でもステージを降りたら普通の人で、
そのギャップがおもしろい!

「携帯のセールスの仕事はどうしたの?」というファンの質問に答えて
「6ヶ月の休暇中です。その間の展開次第ですね。出来れば戻りたくないけど・・・」
とフツ~に答えていて、妙に親近感を感じましたね。

いや~いいものを聞かせていただきました。
神様にもらった才能を埋もれさせちゃもったいない。
世に出てきてくれてよかった。

挑戦しようとしたその勇気に感謝します。
すごい得した気分です。

CD買おうっと♪

« マイク・ドゥーリィ氏の字幕復活しました | トップページ | メリークリスマス! »

コメント

Sachiさん、
こんにちは!
早速、ポール・ポッツさんの声と映像を拝見しました。
歌声も美しかったのですが、
私は、歌い出す前に写し出された、
彼の優勝を聞いた瞬間(であろう)の感動的な表情に、
ものすごく感動してしまい、
涙が出て来てしまいました(^^)。
感動の場所が違っているかもしれませんが…(汗)。

こうして、人の素直な喜びの瞬間を見て、
心を揺さぶられることって、
何てステキなんだろう…、
と、久しぶりにとても清々しい気持ちになりました。
それと同時に、
この世界は、本当は誰もが主人公で、
その気になれば、
誰だって感動的な素晴らしい日々が送れるんだって、
そう思いました。
そして、私ももちろん、
この人生の主役に!(^^)と、
強く誓いました(笑)。

ありがとうございました!

素晴らしい情報、ありがとうございます!
ポール・ポッツさんについて、初めて知り、ご紹介の映像をyou tubeで拝見しました。
感動で目がうるみました。

もしも、もしもお時間があるときがあれば・・・。
彼の初オーディションの様子を納めた映像のなかで、彼や審査員が何と言っているのか、一部だけでも翻訳をご紹介いただけないでしょうか。
http://nz.youtube.com/watch?v=1k08yxu57NA&NR=1

あつかましいお願いですが、あの瞬間、彼がどんな気持ちだったのか、審査員がどんなふうに驚嘆したのか、知りたくてたまらなくなりました。
英語がわからなくて残念です。。。

たいへん不躾なコメント、申し訳ありませんでした。。

何度も失礼いたします。
先ほどコメントした者です。

ポール・ポッツさんのオーディションの映像に、日本語字幕が入ったものを見つけました。
不躾なお願いを失礼いたしました。
ポールさんや審査員が語っていることを知ることができ、日本での公演、行ってみたくなりました。
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=2273

ありがとうございました。

::Makiさん

わたしもジーンと来ちゃいました!
魂に響く歌声なんでしょうね!
それぞれがその人の人生の主役、本当にそうですね!
CDのタイトルは「One Chance」だそうですが、この人はまさにその一回限りのチャンスをものにしたんでしょうね。

::ranaさん

かいつまんで・・・するつもりでしたが、せっかくなので・・・

「私の夢は『これをするために自分は生まれてきたんだ』と信じていることをして人生を過ごすということです」

アマンダ(審査員)「ポールさん、今日は何を(歌うのかしら)?」
ポール「オペラを」

(ポール:ずっと歌を仕事にしたいと思ってきましたが、こと自信に関しては・・・いつも課題でした。自分が自信を持てた事はあまりありませんでした)

サイモン(審査員)「OK、用意が出来たら初めていいよ」

(歌い終わって)

サイモン「・・・それで、君は『カーフォン・ウェアハウス』(携帯電話会社)で働いてるんでしょ?それでその歌?そう来るとは思わなかった」
アマンダ「私も」
サイモン「まったく、新鮮な風が一陣吹いたみたいだ。申し分ない素晴らしい歌だった」
(喝采:Sachi注・この人はめったに人を褒めません)
ピアーズ「君は素晴らしい声を持ってる。その歌声で今後も歌い続けるなら、このコンテストで勝てるようなみんなのお気に入りになるだろう」
アマンダ「思うに、私達、一塊の石炭を見つけたようね、いずれダイアモンドになる」
サイモン「OK、現実に戻る瞬間だ。ピアーズ?」
ピアーズ「まったくもって、イエスだ」
サイモン「アマンダ?」
アマンダ「イエス!」
サイモン「ポール、君は合格だ」
司会「おめでとう!」

アマンダ「信じられない!鳥肌が立ったわ!」

司会「大喜びなんじゃないかい?」

ポール「ええ・・・でも、ちょっとまだびっくりしてます」

ナレーション:ポールはハッピーに家路に着きました。審査員達はカーディフに大物を見つけたようです。

(楽屋で?)
サイモン「ショーはいいね。プロじゃないけど、才能のある人間がそれに気付いていないまま、ごく普通の仕事をしてる。でも、そいつに何かを見出すんだ」
アマンダ「宝石をね。まるでカエルが王子様になるみたいに」
サイモン「そう!」

sachiさんへ

翻訳、本当にありがとうございました。
上記のコメントでお伝えしたサイトに、日本語字幕つきの映像があったのですが、何だか、その訳がそっけない感じがして違和感がありました。

sachiさんの訳を読ませていただいて、ぴったり、納得できました。本当にありがとうございます。

昨夜は、ポール・ポッツさんの映像を繰り返し観つづけて、気がついたら夜中の2時をまわっていました。
本当に魂がゆさぶられました。

ranaさん

時間差でわたしが訳している間に字幕つきサイトを見つけられたんですね~

わたしも字幕を拝見しましたよ~

映像に字幕をつけるのは、字幕の方が文字制限があるから、ともすればかなり省略せざるを得ない場合もありますし、難しいと思います。
自由に文字制限無く翻訳するほうが意味は通じるのでしょうね。

私が見た感じポールさんはどちらかというと腰の低さ、内気な感じをうけたので、たぶん翻訳にもそれが出ていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5194/9479175

この記事へのトラックバック一覧です: ココロが震えたぞ!ポール・ポッツさん!:

« マイク・ドゥーリィ氏の字幕復活しました | トップページ | メリークリスマス! »