フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2008年2月 6日 (水)

生きてるってすばらしい!&ジョン・ディマティーニ博士のセミナー大阪編

みなさま、こんばんは~~(^^)

今朝、先週と同じお仕事に出勤するために、先週と同じようにバイク(スクーター)で駅に向かう途中で、いつもの馴れた道で、突然バイクがぐにゃっとなって、数メートルすべる自損事故をしてしまいました~~~~

そういうときって、気が動転してるんですね、そのときの記憶があまりありません。

道のどまんなかのバイクをとりあえずどかそうとしていたら、後から来たバイクも同じように転んで、その人は「いって~~」と言ったのにそのままバイクを起こして走り去っていきました。
5分後、私はバイクにもう乗れないので両親に迎えに来てもらおうと待っていたら、また後から来たバイクがすこ~んと・・・

あんな立て続けなのもめずらしいですが・・・

わたしの前にも転んだ人がいて、警察の人がいうには、その方は入院なさってしまったとの事・・・

でも、体中痛いし、口も腫れてるけど、生きてる!ありがたい!
O(≧∇≦)O

お医者様に念のため診ていただいて、骨にも異常がないので、とりあえずシップと消毒をし、化膿止めをいただきました。

痛いけど、これくらいですんで本当に良かったです。

だけど・・・

今夜はジョン・ディマティーニ博士の講演会の日だったので、ものすごい顔でしたが、行きましたとも!

字幕の時のようなスピードではなく、通訳の方にも訳しやすいペースで話してくださったので、私も聞き取りやすかったです。
「自分の真の価値見つけ出すには」という質問を受けた、博士の12のステップはなるほど、とうなるものでした。

本にもサインしていただいて(わ~い♪宝物が増えた♪)、ハグまでしていただきました。
こんな口の腫れあがった女でしたが(^^;)

東京の講演会に行かれる皆さん、博士の本はお勧めです!
まだ全部は読んでいませんが、実践しよう~♪と思ってます!

ぜひ本も購入し、サインももらってくださいね!

ディマティーニ博士のセミナー詳細

いま体中が痛いです。
今日のところは、この辺で・・・

いや~~、ホントにこれくらいですんでよかった!

大阪の会場にいらした皆さん、マスクをした白いフリースのぎこちない歩き方をしていた人を見かけたら、それが私でした~(^^)
また機会があればぜひお会いしましょう~~

2008年2月 2日 (土)

チャリティどこにしようかな♪

みなさま、こんばんは!

さて、みなさんもトイレ掃除と同じような確率で「幸せなお金持ちは募金をする」と聞いた事があると思います。
この概念を初めて知ったのは、2001年のことでした。

初めて聞いたときは「え~そんなお金ないよ~あたしに募金してもらいたいくらいだ!」と思ったくらいで、そのときに達した結論は「今は無理」でした。というか、全然興味を感じませんでした。そんな身分になれたらね、という感じ。

2001年を境に、私は自己啓発、成功法則の本にどっぷり浸かっていくようになったわけですが、どの本にもあるのです。「収入の一部をチャリティに使いなさい」と。

「バビロンの大富豪」にもありましたし、「金持ち父さん」シリーズのロバート・キヨサキ氏も、ジャック・キャンフィールド氏もアンソニー・ロビンズ氏も、本田健氏や望月俊孝氏もみなさんチャリティに熱心です。

今までは「そうか~大切なんだ~」と思っていたけど、頭の中だけの理解でしたが、
おもしろいもので、たぶん今になってこの概念が私の潜在意識に定着したのか、
最近やってみようと言う気になりました。募金。

11月に貯金もないのに仕事を辞めて日本に帰ってきて、まだ実家で親のすねをかじり中ですが(感謝してます。父母よ)、収入が入り始める来月末をめどに、収入の10パーセントを目安に募金をすることにしました。

それで、その気になったら今度は、「じゃあどこに募金しよう?」という疑問が湧きました。

私の愛しいお金が役立ってほしいことは色々あります

地球に緑を増やそうとする運動にはなにかしら協力したいし、

子供が子供らしくはしゃげる世の中だったら嬉しいし、

過去のつらい経験を、自らのしなやかな本当の強さを発見するきっかけにして、大きく花開いて歩き出す人がたくさんたくさん増えて欲しいし、

民法772条(離婚後300日以内に生まれた子供は前夫の子供とみなす、と言うアレです)が改正され、生まれてくる子供さんがより幸せな環境で育てられるよう、柔軟な判断が許されるような法改正を進めてくれる団体があればぜひ支援したいし・・・

なんか政治家の選挙活動みたいですか?(笑)

ともあれ、一番最初に興味を持ったのが、
NGO MAKE THE HEAVEN「飛行機をチャーターして植林しチャーター」プロジェクト
です。

面白そうな事をしてらっしゃるてんつくマンさんのお噂は数年前に耳にしたことがありますが、相変わらず楽しそうに面白そうな事をしてらっしゃるんですね。

というわけで、募金第一回は植林の募金をしようと思います。

おもしろいもので、募金をしようと思ったら本当に豊かな気分を味わえています。
こういうことか~~・・・という感じです。

私ができる額はわずかですが、事実は事実ですものね(^^)

もう一つ興味があるのが、名を名乗らず、ちいさな本を届ける、というすてきないたずら心いっぱいのちびさん本です。

掲示板を見てみたら、私まで嬉しくなる書き込みがたくさんありました。
私の身の回りの人に送ると差出人がすぐにばれてしまいそうなので、ほとぼりが冷めてから買ってみようと思います(笑)


2008年1月24日 (木)

まったく役に立たない英語レッスン(笑)

*下ネタの苦手な方は不快に感じるかもしれませんので、ご注意下さい*

いまネットサーフィンをしていたら、ネット翻訳の記事が出ていたのでちょっと読んでみました。

終わりのほうで一瞬目を疑うような単語が。

「Cunt」!!!!


そういって私も書くあたり、煽っているように見えなくもないですが。

これは、私がNZで友達に「Can't」(キャント)のつもりでカントと発音したときに

Σ( ̄口 ̄lll)

という反応をされて教えてもらったんですが、
とてもはしたない卑語で、女性の部分を指すんですって。
どれくらい強烈な言葉なのか、相当する日本語がないので、いまだに見当もつきません。
日本語にするととたんにソフトになる気がしますが・・・「F●ck」も使うとしたら「ばかやろう」とか「くそったれ」とかですが、それでもまだ生易しい方なんだとか・・・

女性の部分を指す言葉ならほかにも卑語はたくさんあるのに、それらを言うのは平気な人でも、これだけは普段Fワードを連発する人ですらためらうほど。

で、ここで日本人の発音の落とし穴が・・・

オーストラリアを代表するカンタス航空(Qantas)は、日本人の間ではカンタス航空で通じますが、オーストラリアの人やネイティブの英語の人に「カンタス」というと、ものすごい誤解を招いてしまわないとも限らないのです。

ですからみなさん、もしカンタス航空を利用する事があれば、「クァンタス」もしくは「クヮンタス」と発音する事をお勧めします。
基本的にQはクヮ・クィ・クゥ・クゥェ・クォの発音を心がけています。

「Which airline are you flying with?」(どこの航空会社で飛ぶの?)
と聞かれて、自信たっぷりに
「カンタス!」と答えると、多分わかってはくれますが、微妙な顔をされるかもしれません。
(というか、慣れてるとふつーにさらっと流されるかもしれませんが・・・)
もし聞き返されたら、誤解されたと思って正解です。

以上、すごく役に立たない英語レッスンでした。

こんなくだらないことかいてる暇があったら字幕をもっとつけろ!という感じですが、
いまインスピレーション待ちです。このところずっと依頼されていた字幕をつけていたので、
字幕を休憩したいというのも本音なところ・・・

でも楽しいから続けますけどね(^^)

こころが共鳴する感覚

最近ようやくすこし落ち着いて来た感じがする今日この頃ですが、
感動できることをもっと見つけようと思っています。

(動画へのリンクが含まれています)

たとえばスティーブ・ジョブズ氏の動画
フリーハグ・キャンペーンのこと。
ポール・ポッツ氏の歌も。
ザ・シークレットも然り。
はじめてみたときのリバーダンス(←このリンクは初代マイケルじゃないけど・・・)も感動しました。今年は日本ツアーもあるそうですね。行こうかな・・・
(当時のフラメンコマリア・パヘスさんをみてフラメンコやりたくなりました・・・やってないけど・笑)

鳥肌が立つほどの感動、なぜか涙がでたり。

人が人を感動させるときは、その人が、自分のこころと体と魂が一つに集中して自らを表現するときなのだと感じています。

そういう時は上も下も関係ない、魂が魂に共感する瞬間だからこそ、その瞬間を味わうことができるのはふっとガードがゆるいときでしょうね。

もちろん人が人を感動させる以外にも、景色を見て感動したり、そういう感覚があるときは、私は私を導いてくれている意識がメッセージを送ってくれているんだと感じています。

もっとたくさんの感動を見つけよう、と思う今日この頃でした。

やはり外にどんどん出て行かないと刺激が少ないですねえ・・・(笑)

あれ、今日はホントに独り言でした(笑)





2007年12月31日 (月)

今年最後のご挨拶

みなさま、年の瀬ですねえ~~~

あっというまにもう大晦日なんて信じられません!ほんとに?

今年は皆様にとってどんな年でしたか?

私は、おかげさまでいいことがたくさんありました。

去年(2006年)は停滞していた感があって、不安や焦りを感じながら模索していましたが、
おかげで宇宙を信じること、執着しないことを学んだのだと思います。

今年の私のキーワードは、やはり「引き寄せ」ですね。「ザ・シークレット」の字幕をつけたことで、いろんなことを引き寄せ、いろんな人や物、出来事にも引き寄せられました。
このブログにもこんなにたくさんの方が来てくださるようになるとはあんまり考えてなかったし(笑)
どれくらいの変化があったかというと、今見てみました。

2007年1月の日平均ビジター数が 11 (ハア!?笑)
そして、ここ1ヶ月の日平均ビジター数が 548

皆さま、本当にありがとうございます!
感謝のビーム!!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

さて、今年あまりいいことがなかった、と思ってらっしゃる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
そんな方は、ぜひこのことを心にとどめておいてくださいね。

あなたはいつか、今のあなたを懐かしく、ほほえましく、愛情を込めて振り返る日が来ます。

絶対に来ます。

そのとき、あなたはこう思うでしょう。

「ああ、あの時も私は精一杯一生懸命生きていたんだ」と。

そして、今のあなたを抱きしめたいと、思いを馳せるはずです。

ちょっと、想像してみてください。未来のあなたが、今のあなたをやさしく包んでくれている感じを。

「だいじょうぶだよ、ほら、そのおかげで、すばらしい未来がひらけているんだから。」

さて、果たして、それは単なる想像でしょうか?
わたしは本当にアリだと確信しています。

時間と空間は、この世でもっとも大切な概念だそうですが、じつは幻想でしかない、とセスも言っている様に、便宜上私達はそれを活用していますが、意識は過去も未来も、同時に存在できるそうですから。

また、今年はいいことがたくさんあった方も、ちょっと元気を必要としている方に宇宙を通して愛と勇気と自信のメッセージが届くように、宇宙にちょっとエネルギーをおすそ分けしてあげてくださいね。

わたしもそうします。で、どういうかって?もちろん、これですよ!

「宇宙ブラボー!!」

O(≧∇≦)O

今年も大変お世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします・・・m(^v^)m

2007年12月20日 (木)

ココロが震えたぞ!ポール・ポッツさん!

昨日の朝、家族が見ていた朝のバラエティショーで、
ポール・ポッツ(Paul Potts)さんの話題が出ていて、興味が出たのでYou Tubeで検索してみたら、
ありました。

(トゥーランドット)
http://nz.youtube.com/watch?v=ZGFXMvMcmbs

(盛り上がりは4分30秒を過ぎたあたりから)

それで聞いてみたんですが・・・・鳥肌が立ちました!
ヘイリー・ウェステンラのときも感動したけど、
この人の声は聞き入ってしまうほどの美声ですね!

日本の記事には「ブサイクオペラ歌手」とありましたが、なんてこというんだ!
そうかな~~普通の人だと思うけど・・・
傲慢さが顔に出てる人よりも、はるかに好感が持てるけどなあ

しかもこの人がデビューするきっかけがあの『アメリカン・アイドル』の英国版
『Britains' Got Talent』だそうですね。

この番組に応募した時点では、携帯電話(Carphone Warehouse)のセールスマンで、
優勝しちゃって、エリザベス女王の前で歌う事になっちゃって、
世界中から出演依頼が来て、CDが出て・・・というめまぐるしい展開で、
今後が楽しみです。

日本にも来るそうですね。行きたいけど、東京だけなの、とちょっと残念・・・

歌わせれば感動の涙を呼ぶほどで、でもステージを降りたら普通の人で、
そのギャップがおもしろい!

「携帯のセールスの仕事はどうしたの?」というファンの質問に答えて
「6ヶ月の休暇中です。その間の展開次第ですね。出来れば戻りたくないけど・・・」
とフツ~に答えていて、妙に親近感を感じましたね。

いや~いいものを聞かせていただきました。
神様にもらった才能を埋もれさせちゃもったいない。
世に出てきてくれてよかった。

挑戦しようとしたその勇気に感謝します。
すごい得した気分です。

CD買おうっと♪

2007年12月12日 (水)

風邪引いてまんねん

みなさま、こんばんは~

10日から体調を崩し、今日まで寝込んでいました。

2日半、ほとんど眠り続けて、自分でもびっくりです。
寝すぎで体のあちこちが痛い(笑)

11月は普段の生活に比べて極端に忙しい日が続いていたのと、
日本に帰ってきて気が緩んだんでしょうね、たまっていた疲れがどっと出たのだと思います。

身体は正直ですね。
でもおかげでしっかり充電できています。気力も戻ってきているし、体力も戻ってきています。
パソコンに向かえるのがその証ですね。

ありがたいありがたい。
というわけで、皆様、私は大丈夫ですから、ご安心くださいね。

9日に本屋さんをのぞいて見ましたが、空前の引き寄せ本ブームですね!噂に聞いてはいましたが、これほどまでとは、買うにもどれを買ったらいいか迷ってしまいそうなほどで、いい時代になったなあと思います。
わたしが成功哲学を読んだ7年前は、知る人ぞ知るといった感がありましたが・・・

さてさて、実家に帰ったときに、ある方が送ってくださったブレンダさんの「すべての望みを引き寄せる法則」が届いていました(Eさん、ありがとうございます!感謝、感謝です!)ので、早速拝読しました。


すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング

前書きで引き込まれていきましたが、ブレンダさんのあたたかなお人柄が見えるようですね。
自分の人生は100%自分が創り上げている、という言葉は、ともすれば誤解を受けがちな言葉ですが、人は影響を与え合って生きていて、どの影響を受け容れるか否かは私たち自身が(意識的にも無意識的にも)選んでいるんだということがわかれば、人生は大きく変わっていくのだということを、体現してくださっている気がします。

「引き寄せの法則」を知ったばかりの人や、まだそんな法則があることを知らない人にもぜひ読んでもらいたい本ですね。

まだまだ読みたい本がたくさんありますが、DVDもいろいろ見たいのがあります。
たのし~~~!しあわせ!O(≧∇≦)O

そんなわけで、みなさま、風邪などにはくれぐれも気をつけて、ご自愛くださいね(アタタ!耳が痛いわ!どうして?!)

2007年11月 2日 (金)

とうとう10000!&私信

みなさま、こんばんは~~~(^^)

とうとう「ザ・シークレット 最初の20分」の字幕に皆さんがポチッと押してくださった、Good投票が10000を超えました!

スゴイ!

スゴイ!

ありがとう~~!!!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

感無量です・・・すごく嬉しい。

毎日観てくださる人もいて、人生がうまく廻り始めたと感じてくださる方も、
コメントくださった皆さんも、Romだけの皆さんも、感謝、感謝です・・・

なにかに動かされるように夢中で作業したあの一瞬一瞬が
すごく報われています。

最近かなり忙しくなってきましたが、バランスを保ちながら、人生を楽しみながら
成長しながら、生きていこうと思います。

みなさま、ありがとうございます!

O(≧∇≦)O

*(連絡です・私信でごめんなさい)*
先日とても興味深いメールを下さったMさん、私が送ったお返事がエラーで帰って来てしまいます。何度か試したのですが、「サーバー容量を超えているためにこれ以上受信できない」というエラーだそうです。
私以外にももしかしたらおなじような境遇の方がおられるかもしれないので、
こんなところでご連絡です。確認してみてくださいね。(^^)

2007年10月26日 (金)

引き寄せている私たち

みなさま、おはようございます(^^)
今日はお休み。久々の朝更新です。

「ザ・シークレット 最初の20分」の字幕のGood の点数がもうすぐ10000に届きそうです。
すごいですね。
他にも冷やかしでなく字幕をつけられた方がいらっしゃるようで、私の字幕がきっかけというのが驚きでした。

これもひとえに、見てくださった方、Goodに投票してくださった方、口コミで広めていってくださった方、皆さんのおかげです。ありがとうございます(^^)

感謝のビームをもいちど!それ!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

 

さてさて、昨日、溜まっていたあることを、気分転換にカフェでやろうとお気に入りのカフェに行くと、知り合いがコーヒーを飲んでいました。6ヶ月ぶりくらいです。同じ街に住んでいるのに、会わないときは会わないものですね。

話をしているうちになぜか宝地図の話になり、興味津々で聞き入っていた彼女、さっそくコルクボードを買いに行っていました。

彼女が必要としていたメッセージを私が宇宙から預かって、届けに言ったんだろうな、と思います。

タイミングよくことが運んでいるときは、ちょうど宇宙のリズムと私の意識が調和している目安になります。

今回は、まさにそんな感じです。宇宙に感謝。

逆に、どうもうまく行かないときは、少し立ち止まって自分を内観し、宇宙が伝えようとしているメッセージを受け取る必要があります。
有頂天になっていないか、傲慢になっていないか、焦りや不安に動かされていないか、感謝をしているか。

なかには焦りが先にたってしまい、「なんでうまく行かないんだろう」と落ち込む人もいます。
落ち込んでも落ち込まなくても、どう転んだって宇宙はあなたの見方ですが、心がオープンになっていない限りその答えも解決法も、目の前にあっても認識できないので、ポイントは「そういう自分もアリで、自分はよくやっている」と言ってあげることだと思っています。

(かといって誰にでも「アタシってホントよくやってるわ。エライあたし!」と話すのはお勧めしませんが・笑)

中には「手に入ったとか、成功したところを想像しているよりも、うまく行かないと思ってやったほうがうまく行く」という人もいます。

私の周りにもそういう人がいます。
その人がそう思って、それで成功しているなら、たぶんそうしたほうがうまく行くんでしょう。
ただ、私個人としては、この人は願望実現に執着する傾向があるので、そう思うことで執着を手放す、ということに成功しているんじゃないかな、と思っています。

でも、宇宙は私たちが「絶大なる信頼」を寄せるほうが働きやすくなるので、基本は

・欲しいもの、望むことを明確にする
・宇宙に託す(潜在意識に伝える)
・もらった・叶った気持ちになる(感謝する、次の展開の準備をする、自分にできることをする)

ですね。

なかなか執着が取れない方は、気分転換をして、その思考の連鎖を一旦中断させると良いですよ。

どうやるかって?

昔私がカウンセリングを受けたときに、先生が教えてくれたコツをご紹介します。
以前にもお話したことがあると思うので、記憶にある方も多いと思いますが、
結構使えるので、思い出したら活用してください。

「私はなにかむっとすることがあったりすると、後まで『あの時こういってやれば良かったのに』とか、悶々とすることがあるんですが(Sachi注:あったんだなあ。懐かしい)、どうすれば気分が変わりますか?」
「そうねえ、ネガティブな思考パターンを自分がしているなと思ったときに断ち切る方法
は・・・



バナナを考えること

かしら」

Σ( ̄口 ̄)

はあ?
バナナ?

ためしにやってみてください。

これにはちゃんと理由があって、まったく違うことを考えることで、感情の連鎖が一旦切れるんだそうです。

「この試験に受からなかったら自分はおしまいだ。絶対に受からなければ。
絶対に受かる。受かる受かる。受かりますように。受からなかったらどうしよう。
だめだだめだ、こんなことじゃ、受かるんだ。絶対に受かるんだ。受かるぞー
受からなかったら宇宙のせいだ。うらんでやる。だから受からせてくれよ。たのむ・・・


そういう悶々としている時間を、勉強に費やした方が宇宙も叶えやすいんですがね。

などなど、いろいろぐるぐるそのことについて考えていることに気付いたら、

バナナ!

ウキッ!

ほらね、あの黄色いバナナが頭をよぎったでしょう?

そこで、「・・・ばかばかしい」と思えたらこっちのもの。そのまま意識をなにか楽しいもの、気持ち良い事にもっていきましょう。

バナナだけじゃなくて、他にもいろんなのが使えますよ~

おっきい卵を割ってみたら、双子だったとか、

温泉でだれもいないと思って大声で歌っていたら、人が入ってきたこととか(アタシ?)

おもしろいビデオを見るとか。

意識を向けたことで感じる感情は、私たちが引き寄せる出来事に大きく影響するので、
楽しく明るく、たまにうまく行かないときは内観しつつ、バナナを思い浮かべて乗り切りましょう!

2007年10月 4日 (木)

すごい!すごい!

みなさま、こんにちは~~

冬に逆戻りしたような寒さのNZ南島からこんにちは!
昨日は吹雪、NZの定番観光地でもあるミルフォードサウンドへの唯一の道が閉鎖されて、
スキー場がクローズになってからじゃんじゃん積もってしまった山が、
晴れたら新雪でとってもきれいだろうなと思いますが、
現在(NZ時間2時40分)雨、雨、雨、山は雪であろうと思われます。

ず~っと書こう、と思っていたことを、やっと先ほど思い出したので、忘れないうちに書いてしまうことにします!

世界最大の水晶群の写真のリンクが、会社のおもしろいITのお兄さんから廻ってきたのが数ヶ月前。思いっきり感動したのが、
この写真。

Naica Crystal Mine

メキシコのチワワという地域にある水晶群の写真です。
大きいものでは幅12メートルなんていうものもあるそうです。

ひや~~!見てみたい!
一般公開はされてないそうですが、湿度100%、中の気温が60度もあるそうです。
お友達で「クリスタルの近くにいくと頭がいたくなる」という人がいますが、
彼女は間違っても行きたがらないだろうなあ。

このあたりの気の流れはどんな感じなんでしょうね?
興味津々です。